Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

Headline

Sales
2018/05/22

ポストプロダクション業務を加速する!Avid NEXIS PRO ¥110,000 OFFキャンペーン実施中!!

Avidの提供するストレージソリューション Avid NEXIS。その中でもオーディオ・ポストプロダクション向けモデルであるNEXIS PROとギガビットスイッチャーのバンドルを対象とした、期間限定でプロモーションが開始されました!ついに複数台のPro Tools | Ultimateからの同時接続を実現したNEXIS シリーズ。共有ストレージとして使用することで、ファイルをコピーするために必要だった時間を省略することができ、ワークフローを大きく加速することが可能となります。ファイルベース・ワークフロー導入をご検討のスタジオ様は、ぜひこの機会をご利用ください! <キャンペーン概要> * 品名:Avid NEXIS PRO 40TB with Dell N2024 and 3m direct attach cable * 本製品はAvid NEXIS PRO 40TBモデルとDell N2024 ネットワークスイッチング・ハブのバンドル製品となります。 * 通常価格¥1,782,000  →プロモーション価格¥1,663,200(本体価格¥1,540,000)¥118,800 OFF !! * 期限:2018年6月15日までのご発注が対象です。
Event
2018/05/11

ROCK ON PRO NEWS!! After NAB Tokyoへ出展します!!

5/23(水),5/24(木)の両日、東京・秋葉原UDXで開催されるAfter NAB 2018に出展いたします!! 今回はポストプロダクションの音声ワークフローにフォーカスをあて、AVID Pro Toolsを中心としたシステムを便利かつ効率的に運用するソリューション「Video Slave 3 Pro」を出展。最新版のPro Tools Ultimate、Audio InterfaceであるAVID MTRX上で実際にその動作をご覧いただきます。併せて、効果音を効率的に生成することが出来る画期的なプラグイン・アプリケーションAudioGaming社の「LE SOUND」シリーズも展示。会場ではVR関連の制作手法、Dolby Atmosの制作環境など最新の音響フォーマットなど、音声に関するご相談、お問い合わせをお待ちしております。イベント詳細は下記After NABホームページよりご確認ください、皆様のご来場を心よりお待ちしております!! ■After NAB Tokyo開催概要 期日:2018年5月23日(水)・24日(木) 10:00-18:00 場所:東京・秋葉原「UDX」 展示フロア:2階「AKIBA_SQUARE」 プレゼンテーション:4階「UDX THEATER」「UDX Gallery Next 2」 主催:NAB日本代表事務所(映像新聞社) 一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会 後援:National Association of Broadcasters(全米放送事業者協会) 入場:無料(登録制)   ■申込先・お問い合わせ 一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル TEL: 03-6212-5231 FAX:03-6212-5225 >>事前登録はこちらから 
Support
2018/04/25

Pro Toolsをご使用の方はmacOS 10.13.4 へのアップデートをお控えください!! 〜Pro Tools Information

Avidより、macOS 10.13 High Sierraに関する重要な注意のお知らせがありました。システムのパフォーマンスに大きく関わる重大な内容ですので、ぜひ下記をご確認ください。 macOS High Sierra バージョン10.13.4へのアップデートはお控えください! AvidでのmacOS10.13.4事前テストにて、CPUパフォーマンスにおける重大な問題が確認されましたとのことです。Avidはこの問題の解決方法について、Apple社へ直接確認中です。正式サポートのアナウンスがされるまでmacOS 10.13.4へのアップデートはしない事をお勧めします。   ご使用中のPro Toolsバージョンと互換性のあるシステムについては、下記リンク先をご参照ください。 Pro Tools 2018 システム要件   * Avidでは次のバージョンでの修正を目指し作業中ですが、前提条件としてmacOS側の修正・アップデートが必要となります。 HDハードウェア (HDX/HD Native) が macOS High Sierra 10.13で認識されない場合の対処方法 macOS 10.13が搭載された最新のMacモデルにて、Thunderbolt 2シャーシ (HDX/HD Native PCIe)、HD Native Thunderbolt, EuControl機器(Artistシリーズなど)が認識されないケースが報告されています。下記リンク先の記事に記載の対処にて問題解決される場合がありますので、このような症状でお困りの場合は、ぜひ一度お試しください。   HDハードウェア (HDX/HD Native) が macOS High Sierra 10.13で認識されない場合の対処方法   * iMacProでEuControl機器が認識されない場合、USB-Ethernetアダプターの使用で解決したケースもございます。  
Event
2018/04/12

NABSHOW 2018 最新レポートセミナー開催!

世界最大規模の放送機器展であり、今もまさに会期中のNABSHOW2018。現地でその空気を感じてきたROCK ON PROスタッフが、帰国後にその模様を徹底レポート!4月でもTシャツ姿の人々が目立つ砂漠の町、Las Vegasでどの様な発表が行われたのでしょうか!?Audioでは、Avid S6Lのラインナップ拡張、BlackmagicからはFairlight consoleが登場、CarlecはRadio Console type-R、Broadcast console Lawo MC56を発表など、錚々たる新製品が登場しました!映像関連、サーバー関連など、すでに弊社WEBレポート記事のあるものから、記事には書き切れなかったものまで、NAB 2018をたっぷりとご案内させていただきます!!もちろん、最先端のワークフロー、VR/AR関連、VoIP、SMPTE ST-2110など、世界の技術動向もお伝えいたします! ◎こんな方にオススメ ・業務用機器についての情報をアップデートしたい方 ・最新の技術情報についての知識を深めたい方 ・使用している機器の更新をご検討の方 ・業界のトレンドや今後の方向性について知りたい方 ・世界最大規模の放送機器展の様子を感じたい方 ◎開催要項 場所:ROCK ON PROセミナールーム    東京都渋谷区神南1-4-8神南渡辺ビル2F 日時:2018年4月26日(木)    16:45 開場    17:00 セミナー開始    18:00 Q&A、終了 定員:30名 参加費:無料 主催:(株)メディア・インテグレーション ROCK ON PRO事業部 講師:前田 洋介(ROCK ON PRO)、丹治 信子(ROCK ON PRO) 会場は下記Rock oN Shibuya店の向かいのビル 2Fとなります。 ◎合わせてチェック!NABショウ2018現地レポート公開中!! Rock oN Companyウェブサイトでは、ROCK ON PRO 洋介&丹治による現地レポートを随時アップ中です。レポートにお越しの前に、今年のトピックをチェック!気になるポイントは、ぜひセミナー当時に洋介&丹治までぶつけてください!! >>NAB2018現地からのリアルタイム・レポート記事はこちらから
Support
2018/04/09

Pro Tools 2018.4 リリース + Avid クリエイティブ・ツールが名称変更!〜Pro Tools Information

ラスべガスで開催中のNAB 2018にて、AvidよりPro Tools 2018.4のリリースが発表されました。それに伴い「Pro Tools」「Sebelius」「Media Composer」のラインナップが変更(リブランディング)され、それぞれ、スタンダード版に加え、無償版である「First」、上位モデルである「Ultimate」というラインナップとなりました。Pro Toolsに限って言えば、これまで「HD」と呼ばれていたライセンスが「Ultimate」という名称に変更されたことになります。Pro Tools 2018.4では新機能の追加はないようですが、数多くのバグフィッックスが施されています。詳細は下記リンク先(Avidブログ日本語版)をご覧ください。 ◎Pro Tools / Sibelius / Media Composer NAB 2018発表内容まとめ >>http://www.avidblogs.com/ja/avid-creative-tools-nab/   ◎Pro Tools 2018 新機能情報リスト >>http://www.avid.com/pro-tools-ultimate/whats-new   ◎Pro Tools 2018.4 リリース・インフォ(Avid ナレッジベース / 日本語) システム要件・互換性についての情報が掲載されています。 >>http://avid.force.com/pkb/KB_Render_Download?id=kA25A000000k9fF&lang=ja   ◎Pro Tools | Ultimate FAQ(Avid ナレッジベース / 日本語) >>http://avid.force.com/pkb/KB_Render_FAQ?id=kA05A00000158bd&lang=ja   ◎Pro Tools 2018.4 リリース・ノート(Avid ナレッジベース / 英語) 今回行われたバグフィックスの詳細が掲載されています。 >>http://avid.force.com/pkb/articles/readme/Pro-Tools-2018-4-Release-Notes   ◎Pro Tools 関連ドキュメント(Avid ナレッジベース / 英語) 各種ガイド、リード・ミー、ショートカット一覧などのドキュメントがDL出来ます。 >>http://avid.force.com/pkb/articles/user_guide/Pro-Tools-Documentation Pro Toolsはどう変わる!? 今回の名称変更に伴って、いったい何が変わるのか!?変わらないのか!? 以下にまとめましたのでご参照ください。 ◎ソフトウェアの名称が「HD」から「Ultimate」へ これまで「Pro Tools | HD」という名称であったソフトウェア・ライセンスの名称が「Pro Tools | Ultimate」へ変更となります。 Pro Tools | HD 2018.3以前をお使いのユーザー様は新規購入等の必要はなく、これまで通りお使いいただけます。 ◎Pro Tools | UltimateにMachine Controlが含まれるように Pro Tools | Ultimateには、これまで別途購入が必要であったMachine Controlが付属するようになります。Pro Tools | Ultimateを新規購入・年間プラン更新・年間プラン再加入のいずれかを行うことで機能が有効になります。Pro Tools | Ultimateの基本機能の中に組み込まれる形になるため、今後はiLokライセンス上には「Machine Control」の名称は表示されなくなります。 ◎Pro Tools | UltimateにAvid Complete Plug-in Bundleが付属 Pro Tools | Ultimateに75種類以上のプラグインをバンドルしたAvid Complete Plug-in Bundleが付属するようになりました。これはPro Tools | Ultimateのすべての新規購入・年間プラン更新・年間プラン再加入に付属します。それに伴い、これまで「特典プラグイン」と呼ばれていたライセンスは漸次廃止されます。 ◎ハードウェア、I/Oの名称は変更なし HDX・HD Nativeハードウェア、HD I/Oシリーズの名称には変更がありません。 ◎ファイル・フォーマット / 互換性は従来通り Pro Toolsが作成するファイルは従来通り「.ptx ファイル」となり、Pro Tools 10.x 以降のバージョンと互換性が保持されます。 ◎パッケージが一新 今回のリブランディングに伴い、Pro Tools・Sibelius・Media Composerの外装パッケージが変更されました。これらは徐々に旧パッケージから新パッケージへ移行していく予定となっています。 Pro Toolsに限って言えば、今回の変更によって大きく変更されるのは、従来の「Pro Tools | HD」が「Pro Tools | Ultimate」という名称に変わること、さらに「Ultimate」にはオプション機能が追加され、より付加価値の高い製品になる、という点と言えると思います。   年間プラン期間中のユーザーであれば最新のPro Tools 2018.4を使用可能! 年間プランが有効期間中のユーザー様は、すでにマスターアカウントからPro Tools 2018.4をダウンロードしてご使用いただくことが可能です。「年間プランってなんだっけ!?」「有効期間の確認方法は?」「有効期間が切れていた!!」という方はこちらの記事をご覧ください!ROCK ON PROがみなさまを快適なPro Tools環境へご案内します!!
Support
2018/04/06

iLok CloudでPro Toolsを使おう!〜How to use Pro Tools with iLok Cloud

遂にスタートしたiLok Cloud!!物理的なiLok無しでPro Toolsが起動します。これまでiLokに入っていたライセンスをilok License ManagerでCloudへ上げることでインターネット接続環境下でPro Toolsが起動可能となります。この機能AES 2017でも非常に話題になりましたが、実際にiLok無しで起動しているところを目の当たりにすると非常に新鮮。カバンからiLokを取り出し…と言った手順がないだけでもモバイル環境下での作業を行っている方には無くてはならない機能になるのではないでしょうか。 iLokクラウドでPro Toolsを起動するには!? 2018年のPro Tools2018リリースを機に、Pro Tools及び全てのAvidオーディオ・プラグインは、iLokクラウド・キーに対応しました。これにより、iLok物理キーを使用することなくPro Tools 2018を動作させることが可能となり、それにより空いたUSBポートをMIDIキーボードやオーディオ・インターフェイスに使用することが可能となります。これまで通りiLokキーで動作させることも引き続き可能ですが、ひとつのライセンスを複数の場所で使用するような場合にiLokドングルを持ち運ぶ必要がなくなり、「iLokを忘れた!」「途中で失くしてしまった!!」というトラブルを回避することもできます。   しかし、こうした基盤システムの変更は業務で使用されているユーザー様には不安要素であることも事実。そこで、ROCK ON PROがiLok CloudでPro Toolsを起動する方法を解説いたします!新しい認証システムがどのような動きをするのか!?注意点も含め、画像付きでお届けいたします! POINTS! ・あらかじめiLok License Managerで操作をしなくても、Pro Toolsを起動すれば自動的にクラウドにアクティベーションされる! ・Pro Toolsが閉じていれば、別のコンピューターでPro Toolsを起動することも可能! ・常時インターネット接続がないとiLokクラウドのアクティベーションは有効にならない! ライセンスの入ったiLokを挿さずにPro Toolsを起動すると、Activationを促す画面が現れますので「Activate」をクリックします。 iLokアカウントへのログインを促されますので、UserIDとパスワードを入力して「Next」をクリックします。 すると、Availableにあるライセンスが自動的にクラウドセッションにアクティベートされ、Pro Toolsが起動します。 ・参考 この時、iLok License Managerを開くと左側のロケーション欄に「CLOUD」が追加され、ここにPro Toolsライセンスがアクティベートされているのが分かります。   クラウドセッションを手動で開く/閉じる時は、上部メニューバーの「File」から操作します。   Pro Tools起動中にネットワークがオフラインになったら!? ライセンスのアクティベートまで自動で行ってくれる便利なiLokクラウドですが、アクティベーションのためにはインターネットに常時接続している必要があります。しかし、Pro Toolsでの作業中に万一ネットワークが落ちてしまったり、誤ってLANケーブルが抜けてしまった場合でも、作業中のセッションが突然シャットダウンしてしまうようなことはございません。再生や録音など、Pro Toolsが動作している間はPro Toolsが強制終了してしまうようなことはなく、動作を止めた段階でアラートが出る仕様となっています。5分以内にオンラインに復帰する、またはiLok物理キーでのオーソライズを行えば、そのままの状態で引き続きPro Toolsを使用できます。 年間プラン期間中のユーザーであればiLok Cloud対応のPro Tools 最新バージョンを使用可能! 年間プランが有効期間中のユーザー様は、すでにマスターアカウントからPro Tools 2018をダウンロードしてご使用いただくことが可能です。「年間プランってなんだっけ!?」「有効期間の確認方法は?」「有効期間が切れていた!!」という方はこちらの記事をご覧ください!ROCK ON PROがみなさまを快適なPro Tools環境へご案内します!!
NEWS
2018/03/28

Pro Tools | Dock 価格改定!安定運用のためのネットワーク・ソリューションまで徹底サポートいたします!!

Avidのフラッグシップ・コンソールであるS6のマスター・セクションを抜き出したかのようなフォルムを持ち、より柔軟で効率的なワークフローをもたらすコントロール・サーフェスの最新形 Pro Tools | Dockが、この度価格改定によりお求めやすくなりました。S3やArtist Mixとともに使用することで、iPadを使用した豊富なビジュアル・フィードバックと直感的なタッチ・コントロールを追加するマスター・セクションとして機能するだけでなく、多数のノブや操作性の高いジョグ・ホイール、膨大なアサイン数を誇るソフトキーなどの機能により単体でも強力なコントローラーとして機能するPro Tools | Dock。S3と並べてもデスクトップに収まるコンパクトさと、サイズに似つかわしくないポテンシャルの高さが好評を博し、プロの現場でも納品実績が伸びている、まさに旬のソリューションです。   これからコントロール・サーフェス導入を検討されるという方はもちろんのこと、すでにコントローラーを使用しているがもう一歩ワークフローを効率化したいという方、マウスでの操作を極限まで少なくしたいという方から、機材は何より見た目が大事!という方まで、Pro Tools | Dock導入がますます現実的になってきたと言えそうです。新価格はすでに発効済み。従来よりも約20%のコストダウンとなっています。 ◎スタジオへの導入では必須となるネットワーク・ソリューションもROCK ON PROにお任せください! Pro Tools | DockはiPadとともに使用する前提で設計されています。iPadとの通信が不安定ではせっかくのPro Tools | Dockの機能を十分に活用できません。そこで、ROCK ON PROでは豊富な導入実績から安心のソリューションをご用意いたしました。通常の使用方法となるDock-iPad間をWiFiで接続する場合だけでなく、WiFiでの接続がご不安な方のための有線接続のソリューションもご用意しております。作業環境に憧れのマスター・セクション導入を、ROCK ON PROが全力でサポートいたします! ・Pro Tools | Dock Control Surface 旧希望小売価格:¥153,360(本体価格:¥142,000) →新希望小売価格:¥127,440(本体価格:¥118,000) ※本製品にはiPadは含まれておりません。 ※Pro Tools | Dockで使用可能なiPadは下記モデルとなります。  iPad Pro 12.9インチは動作保証外となりますのでご注意ください。  ・iPad Air  ・iPad Air 2  ・iPad Pro 9.7インチ  ・iPad mini 2  ・iPad mini 3  ・iPad mini 4   ・Pro Tools | Dock + ROCK ON PRO ネットワーク・オプション(無線) 希望小売価格:¥136,404(本体価格:¥126,300) Pro Tools | Dock本体と、ROCK ON PRO の豊富な納品実績から選び出したビームフォーミング機能を搭載した高速WiFiルーターのバンドルです。 ※本製品にはiPadは含まれておりません。   ・Pro Tools | Dock + ROCK ON PRO ネットワーク・オプション(有線) 希望小売価格:¥140,702(本体価格:¥130,280) Pro Tools | Dock本体と、DockとiPadを有線で接続するための各種アダプター及び5ポートのルーターをバンドルいたしました。こちらも安心のROCK ON PRO 導入実績あり。さらにポート数が必要な場合はご相談ください。 ※本製品にはiPadは含まれておりません。 ※本製品にはLANケーブルは含まれておりません。   ◎Pro Tools | Dock の実力を改めてチェック! ROCK ON PROでは2016年のPro Tools | Dock発売直前にAvidへ独占取材を敢行。Product Specialist(当時)のダニエル・ラヴェル氏が解説するムービーとともに、Pro Tools | Dockの魅力を詳細に紹介いたしました!国内での導入が増加する今だからこそ、改めてPro Tools | Dockの実力をチェックしたい方は、下記バナーから記事をご覧ください! ◎独占取材!! ムービーで見る、Pro Tools|Dockのオーバービュー!! ◎独占取材!! ムービーで見る、Pro Tools|Dock PART2 !! ◎その他Pro Toolsの疑問・お悩みはROCK ON PROまで! ◎ROCK ON PRO / Pro Tools 店頭セッティングサービス ◎Pro Tools の更新期限は大丈夫ですか!? ROCK ON PROが徹底サポートいたします!!
Support
2018/03/09

Pro Tools 2018.3、EUCON 2018.3同時リリース!〜Pro Tools Information

Pro Tools 2018.3、EUCON 2018.3の同時リリースがAvidから発表されました。Pro Tools 2018.3は新機能の追加はないものの、数多くのバグフィックスが施されたバージョンとなっています。Eucon 2018.3は主にS6に関連した追加機能を搭載、複数のDAWをまたいだマクロの作成など、ワークフローをパワフルに加速する機能が追加されているようです。Eucon 2018.3についての詳細はAvidブログ日本語版をご覧ください。Pro Tools 2018.3で修正されたバグについてはROCK ON PROが要約を作成しましたので、ぜひご参照ください。 ・Pro Tools 2018.3 修正されたバグ(ROCK ON PRO要約) ・Pro Tools | S6、Pro Tools | Control で、サーフェスの表示がPro Toolsの設定に追従しない問題を修正 ・特定の動作を実行した際にPro Toolsがクラッシュする問題を修正 ・プレイリストで複数のクリップを選択した際の動作速度の改善 ・インポートをしないよう設定したトラックがインポートされてしまう問題の修正 ・特定の環境下でHDドライバーが正常に動作しない問題の修正 ・キーボード・ショートカットの変更、修正 ・MIDIで特定の操作を実行した際にノートが発音しない問題の修正 ・LLMのサラウンドへの対応 ・2018.1で作成されたファイルを古いバージョンで開こうとした際に「Version info "2018.R1.0”」というアラートを表示 ・表示上の問題の修正   *個別のバグ修正については下記「リリース・ノート」をご覧ください。 >>Pro Tools 2018.3 リリース情報 >>Pro Tools 2018.3 リリース・ノート(英文) *** Pro Tools 2018.3 注意点 *** ・macOS High Sierra (10.13.2), macOS Sierra (10.12.6) および Mac OS X 10.11.6 (El Capitan) がサポートされます。   重要:OS 10.10 (Yosemite) は、互換検証においてグラフィック表示上の問題が多数確認されたため、Pro Tools 2018.xではサポートされません。 Pro Tools 2018.3のインストール前に必ずOSのアップグレードを行ってください。 ・Windows 10 64-bit, Windows 8.1 64-bit がサポートされます。Windows 7はサポートされません。 ・Thunderbolt 3シャーシは現時点でサポートされません。 ・iMac Pro 1,1 がサポートされました。   サポートされるプロセッサ (Pro Tools HD & Standard): Late 2017 Retina 5K 27" iMacPro1,1 8-Core i7 'Kaby Lake' 3.2 GHz Late 2017 Retina 5K 27" iMacPro1,1 10-Core i7 'Kaby Lake' 3.0 GHz   ・いくつかのiMac 2017モデルがサポートされましたが、Pro Tools HDの使用においては、以下の制限があります。 サポートされるプロセッサ (Pro Tools HD & Standard): ・Mid 2017 Retina 5K 27" iMac18,3 Core i7 'Kaby Lake' 4.2 GHz (*) ・Mid 2017 Retina 5K 27" iMac18,3 Core i5 'Kaby Lake' 3.8 GHzi (*) ・Mid 2017 Retina 4K 21" iMac18,2 Core i7 'Kaby Lake' 3.6 GHz (*) ・Mid 2017 (Non-Retina) 21" iMac18,1 Core i5 'Kaby Lake' 2.3GHz (*)   (*) iMac 18,x モデルは、オーディオ・ストリーミング・エラー(AAE -9171など)が発生する場合があるため、 最小のハードウェア・バッファーサイズでの使用(例:HDXシステム上の48kHzセッションで64 Sampleなど)はサポートされません。 >>Pro Tools 2018.xシステム要件(Pro Tools HD & Standard) Eucon 2018.3 新機能紹介 S6での機能強化が中心となった今回のEuconバージョンアップ。業務でS6をご使用の皆様は要チェックです。特に目を引くのは複数DAWにまたがってのマクロ構築が可能となった点。これは「複数のPro Tools」という意味ではなく、Euconに対応しS6からワークステーションとして認識することの出来るあらゆるDAWを意味します。メインDAWがPro Tools HDで、効果用にNuendoを同時につないでいるようなワークスタイルでは大きな力を発揮しそうな新機能です。   EUCON 2018.3ソフトウェア・アップデートの内容: ・Pro Tools | ControlアプリをS6に接続 ・複数のDAWを瞬時にコントロールすることが可能なMulti Workstation Softkey Macros(マルチ・ワークステーション・ソフトキー・マクロ) ・新しい一元型のワークステーション・インストーラーで安定性と効率性を向上 ・EuControl のユーザー・ソフトキー・アセットを保存、読込み ・レイアウト・リコールの速度など、S6での性能を向上 ・Pro Tools初期設定で設定されたEQおよびDynの自動インサート及びサイクル ・Pro Tools | Dock Knobアクセラレーションおよびオートメーション・レコーディング・フィードバック ・S6 拡張フェーダー上のメーター表示 ・数多くのバグを修正   >>EUCON 2018.3リリース!新機能紹介(日本語) >>EuControl 2018.3互換性 >>What’s New in EuControl Version 2018.3(英文PDF)
Support
2018/03/08

◎ROCK ON PRO / Pro Tools 店頭セッティングサービス

Pro Tools セッティングサービスは煩雑になりがちなソフトウェアのセットアップを解決します。ROCK ON PROの豊富なノウハウを活かして専任スタッフが店頭にてセッティング作業を代行、お客様が快適な制作環境をスタートできるようサポートするサービスです。 ◎サービスプラン 【PLAN A】Avid/iLokのライセンス登録のみ ¥5,400円(税込) 作業時間目安:30分〜1時間程度   【PLAN B】Avid/iLokのライセンス登録 +インストール&起動確認 *ソフトウェアを当店にて購入の場合:¥12,960(税込) *セッティングご依頼のみの場合:¥16,200(税込) 作業時間目安:1時間〜1時間30分程度 ◎ご依頼方法 ◎当日ご来店にてご依頼、もしくはRockoN渋谷店(03-3477-1756)/ ROCK ON PRO担当:佐々木、清水、山口までご連絡ください。 ◎受付場所:Rock oN渋谷店 ◎受付時間:12:00〜18:00 *当日ご来店でのご依頼は、お時間調整が必要な場合もございますので予めご了承ください。 ◎セッティングにあたりお客様にてご準備いただくもの * 【PLAN A/B】Renewal、Reinstatement をご購入の際はAvidアカウント、iLokアカウントにログイン出来ることを確認の上ご来店ください。また、Pro Tools のライセンスの入ったiLokをお持ちください。 * 【PLAN A/B】Pro Tools を新規購入の場合は登録で使用するメールアドレスをご用意ください。(店頭でメールの受信を確認できない場合は登録完了ができないことがありますのでご注意ください。) * 【PLAN B】インストール作業をご希望の場合は対象となるPCをお持ち込みください。 * 【PLAN B】Pro Tools以外のプラグインなどのインストールをご希望される場合は事前にご相談下さい。(追加料金、作業日時などの調整をさせていただきます。) <ご注意点> * 両サービスプランとも渋谷店での対面にてお受付いたします。 * 本サービスはPro Toolsソフトウェアを対象としております。Pro Tools|HDの作業については別途お見積もりさせていただきます。 * 上記サービス料はソフトウェアセッティング1式1回あたりとなります。複数、またはハードウェアのセッティングを併せてご希望の場合は事前にご相談ください。 * 作業が他のお客様と重なる場合はお時間を頂戴するケースがございます。予めお電話(03-3477-1756)にて受付状況をご確認ください。 ◎受付窓口・お問い合わせ先 Rock oN渋谷店 / ROCK ON PRO 担当:佐々木、清水、山口 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ 1F mail:pro@miroc.co.jp TEL:Rock oN渋谷店 03-3477-1756 お問い合わせ受付時間:12:00~18:00
Event
2018/03/01

Post NAMM 2018 最新レポート&セミナー〜ROCK ON PRO Seminar Report

L.A近郊のアナハイムで1月に開催されたNAMM Show2018、現地発表された数々のトピックをまとめ、国内のユーザーの皆様へお伝えするべく、POST NAMM 2018セミナーが東京赤坂のAvid Space Tokyoにて開催されました。会場へは50名を超えるお客様がご来場となり、個人でのご参加者様から、放送局・ポストプロダクション・ゲーム会社といった業務レベルのお客様まで多士済々。会場となったAvid Space TokyoにはFocal Shape50をモニタースピーカーに用いてDolby Atmos 7.1.4をセッティング。会場でのハンズオンもPro Toolsの最新機能を活かした環境で執り行われました。 第一部はROCK ON PRO洋介によるNAMM Showレポート。実際に現地へ赴いたRockoNスタッフによるダイレクトな情報を会場の皆様と共有しました。高域・低域の2wayダイヤフラムを搭載した近日発売となる完全メイドインジャパンのSony/C-100、そして完全復刻がアナウンスされたNEUMANN U67、真空管の型番もEF86とオリジナルを忠実に再現しています。他にも多チャンネル対応を果たし、Dolby Atmos / Auro / 22.2など7.1以上のマネジメントまでフォローするGrace Design m908や、三角形ダイアフラム(!)とインパクトあるルックス理詰めで作ったスウェーデンEhrlund Microphonesなど。ホームページの記事だけではお伝えしきれなかった現地での情報を織り交ぜつつ、ガジェットからプロオーディオ機材まで現地で得られた生の情報をお届けしました。 続いてはAvid / Daniel Lovell氏による、最新Pro Tools2018の解説。頻繁にアップデートされるPro Toolsですが、これまでのバージョニングナンバーを改定し「リリース年.リリース月」の仕組みとなり、2018年1月リリースの最新バージョンは「Pro Tools 2018.1」となっています。 機能面ではテイクの比較試聴を簡易にするプレイリストコントロールの改善からハンズオンで実演したほか、MIDI機能も今回強化されたポイントの一つです。中でもRECしていなかったMIDI演奏もSHIFT+Cで前に戻れる(!)という画期的な機能は注目です。感覚で弾いていたファーストテイクに、なんと後からでも戻れてしまうというタイムスリップ的な発想。他にも矢印キーでのベロシティコントロールなど制作をスムースに進めるための細かな改善が多数なされています。   トラックプリセットの改善も効率的な制作に一役買ってくれる機能ではないでしょうか。トラックを作る際に、パラメーターに至るまで予めプリセットされた設定で作成することができる機能ですが、その設定から新規トラックを作成する際に選択肢としてプリセットが出現する様子まで実際の流れをデモ。トラック管理の流儀は制作現場それぞれでのパターンがありますが、柔軟かつ簡易に対応が取れることが分かります。 EuConでのブラッシュアップもあり、iOSアプリケーションのPro Tools Control(無償)からのコントロールもデモ。部屋の至るところからレベルコントロールも行えるようになっており、セミナー会場でワイヤレスにPro Toolsのコントロールを実演。また、EQカーブがミックス画面に表示されるようになったのもトピックです。カーブはサミングカーブとなっており、各チャンネルのプラグインなど全てを反映したEQカーブが表示されることになります。それぞれのプラグインのセッティングがどのようにチャンネルに反映されているか一目瞭然です。他にも、iLok Cloudについても解説があり「iLok忘れた、立ち上がらない、、、」といった、現場での悲劇(?)もこれで解消に向かうのではないでしょうか。セッションの最後にはナイショの某有名タイトルを用いて、実際のサウンドとPro Toolsの機能解説も。7.1.4のDolby Atmos環境でディテールを確認いただきました。   今回の改善は「なるべくマウスを使わず、キーボードで完結する」ことを念頭に置いたとのことで、制作における閃きを失わない、インスピレーションを形にすることを最優先にしたクリエイターファーストな姿勢が伺えます。業務でのデファクトスタンダードとなるPro Toolsだからこそ、実務に沿った着実な改善が進んでいると言えそうです。 第3部はATTIC.INC 中條氏によるセッション。前半はゲームオーディオでの音がどう鳴らされているかを解説、オブジェクトとして3D空間の座標として鳴らされるという点から、ゲーム本編とのインタラクティブな関係をどのようにマネジメントするのか、ミドルウェアを用いた実際の表現手法まで、具体的なサウンドデモを聴きながら解説が行われました。例えば、インタラクティブな音の鳴らし方の例として、4種ほどのステムにまとめられたオーディオをゲームの状況に応じてコントロールする手法。ドラムのステムを抜いたり、シンセのステムを残したり、あるいはそれを戻したりと、状況に応じた変化の様は我々がゲームをプレイする際に聞いていたあの感触。そのほかにも、距離減衰やランダムといったアプローチなど、その多彩な手法をご紹介いただきました。 後半はPro Toolsの新機能となるトラックプリセットについて中條氏の実際のセッションファイルを見ながらデモンストレーション。作曲の段階、レコーディングの段階、ミキシングの段階、といったようにワークのフェーズに応じたプリセットを組み立てしているアプローチ。もちろんその中にはTIPSを多数潜ませています。レコーディング段階のプリセットではクリック音の音色を数種類用意してあったり、リファレンスとなるトラックを仕込んでおいたり、またソフトシンセを立ち上げた際にすぐに音色をプレビューできるよう単音のMIDIノートが事前に打ち込まれていたり、、と文面ではお伝えしきれないほどの効果的なアイデアをご披露いただきました。   今回のPro Toolsのブラッシュアップポイントとなるトラックプリセットを便利に活用できるのも、中條氏が「いかに作業を効率よく短くしてクリエイティブのための時間へ割り振りするか」を常に念頭に置いているからではないでしょうか。実際のデモ画面を見ると、ハッとさせられる瞬間も多く、アイデア次第で快適な制作環境はまだまだ充実させることができる。そう強く感じるセミナーセッションとなりました。末文とはなりましたが、数多くのお客様にご来場いただきました、誠にありがとうございました!
7 / 11«...4567891011

Solution

Solution
制作環境を飛躍させる

Works

Works
システムの実例を知る

Brand

Brand
そのワークフローを実現する

主要取扱ブランドホームページ

リストに掲載がない製品につきましてもお気軽にご相談ください。

»問い合わせフォーム