Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

ROCK ON PRO PickUp!! ~RS124真空管バリアブルミューコンプレッサーが50年以上の時を経て公式に復刻〜

ROCK ON PRO Pick Up Information!! では今が導入のチャンスとなる話題のプロダクトをご紹介します!

 
ROCK ON PRO 渋谷リファレンスルームでは、Chandler Limited RS124を期間限定展示中です!! 1960,70年代、AbbeyRoad Studioのほとんどの録音において使用されたとも言われる歴史的なコンプレッサー。ビートルズ作品の中期から後期にかけて、RS124を通した太く瑞々しいポールのベースサウンドを担ったと言われています。
07_RS124
今回のRS124の復刻にあたっては、AbbeyRoad StudioとCHANDLER LIMITEDの共同で開発が行われ、回路図をAbbeyRoad Studioに存在している歴史的な実機、そして当時の手書きのノートから正確に再現。RS124コンプレッサーを現代に甦らせています。また、単なるリイシューではなく現代のレコーディング形式に合わせて使いやすいよう発展的な機能が盛り込まれているのもポイントです。
 

◎オリジナルとのアップグレードポイント

03_RS124
・可変のアタック・コントロール
RS124にはオリジナル機には搭載されていない、アタック・コントロールを装備。数字が大きくなるにつれ遅いアタックタイムになっていきますが、アビイ・ロード・スタジオに実在する3台のRS124コンプレッサーが持つそれぞれのサウンドを、このスイッチのポジションに赤色の文字で記載された「シリアル番号(60070B, 60050A, 61010B)」で選択することができます。個体差までも分析して搭載するChandler Limitedの意気込みを感じます。
04_RS124
・200/600オームのインピーダンス切り替え
出力インピーダンスは200または600オームにスイッチで変更が可能で、トーンやゲインの変化が得られます。600オームのセッティングは近代的なスタジオ環境で標準的ですが、アビイ・ロード・スタジオでは200オーム・セッティングを標準としていますので、オリジナルのトーンやゲインを追求することもできます。
・シークレットファンクション” Super Fuse”の搭載
個人的な一押しポイントはズバリこのSuperFuseです。フロントパネル上のFUSE(ヒューズキャップ)は実は隠しスイッチになっています(本当のヒューズはリアパネルにあります)。‘SuperFuse’モードはこのスイッチを左側にセットした場合にアクティブとなり、RS124のパワーライトがより明るく点灯し、全体に速く、アグレッシブな動作となります。UREI 1176の全押しモードほど劇的な変化ではないですが、RS124だけでしか得られないこのトーンは思わずニヤリとしてしまいますよ。
05_RS124

◎ROCK ON PROにて比較試聴可能

ROCK ON PRO Shibuya リファレンスルームにて期間限定ではありますが、すぐに比較試聴できるように、すでにルーティングスタンバイしております。少しでも気になったお客様は是非渋谷まで足をお運びください!! 従来のコンプレッサーとは一味違ったトーンを楽しんでいただけますよ。
CHANDLER LIMITED RS124
・RS124 ¥432,000(本体価格:¥400,000)
・RS124(Stepped I/O) ¥473,040(本体価格:¥438,000)
・RS124 Mastering Matched Pair (Stepped I/O) ¥969,840(本体価格:¥898,000)
11_RS124
【1090*88】DEMO_Pro

*記事中に掲載されている情報は2016年03月01日時点のものです。