Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

NAB2010 ラスベガス 現地ショートレポート その1!

NAB1Day1
123
2010年4月12日〜15日まで、アメリカはネバダ州ラスベガスにて開催中のNAB2010を、ROCK ON PROスタッフが現地にてショートレポート!世界最大の放送機器展と言えるNABですが、オーディオ機器も大きな発表があるかもしれません!?気になる新製品から順次掲載していきます!
★AVID★
NAB1Day8
One AVIDを合い言葉に、オーディオ/ビジュアルの統合ソリューションの提案を進めるAVIDは、あらゆるワークフローに対応すべく、競合を含めた各社のフォーマットやコーデックを積極的に取込み、周辺機器を含めたオープンな姿勢を打ち出し始めており、それに見合った盛り上がりを見せていました!
今回、NABで話題となったAVIDによるEuphonixのと取り込みは、現状ではまだまだ、未定のことが多く不確定ですが、現場のそれぞれのスタッフの個人的な意見は、非常に前向きなコメントをいただきました。EuConが今後、ユニバーサルでProToolsやWinに最適化されることに発展する可能性に期待したいと思います。AVIDブースでのiCONとMC Atrtistの同時展示その興味深い発展を示していると思いました。

AVIDブースでのEuphonix

AVIDブースでのEuphonix


Media Composer 5
NAB1Day7
満を持して登場したMedia Composer 5は、最近のAVIDが目指しているオープンで使い易いワークフローを、さらに押し進める内容を持って登場しました。
前バージョンでQuickTimeに対応したのも記憶に新しいところですが、なんと今回はApple ProRessフォーマットにもネイティブ対応!しかもWindowsでの動作も可能にする等、本家ですら実現していないワークフローが可能になっています。QuickTimeではProRessだけでなく、QTが再生可能な全てのフォーマットに対応しています。
まずは、会場でのプレゼンの模様をご覧下さい!




Media Composer 5の柔軟性は、QT再生に限りません。現状、他のワークステーションでは実現出来ていなかったREDネイティブのR3Dフォーマットもサポート!トランスコードを含んだ面倒な処理が不要となり、より快適な作業を可能としています。
また、最高品質のモニタリング/デジタイズを可能とするNitris DXも、Dual Link HD RGBに対応!色深度4:4:4の最高品質ビデオのデジタイズ、モニタリングの他、HDCAM SRとの親和性も高まっています。
さらに、新たにコストパフォーマンスの高いビデオ・インターフェイスMATROX MXO2 Miniをサポート!ラップトップを持ち歩いての現場での編集、確認がよりコンパクトに出来る様になり、今迄、敷居の高さを感じていたエディターの方も納得のシステム構築が可能です!NAB1Day5
Pro Toolsユーザーの方にはあまりにもなじみの深いRTASプラグイン・フォーマットがMedia Composer 5で採用されたのも、ある意味驚きです!(今迄使えなかった方が不思議ですね!)
もともと、ビデオ・エディターの方は”オーディオ・フィルター” という概念が強かったでしょうから、ピンとこないかもしれませんが、豊富な選択肢を持ったRTASプラグインが使えるのは、計り知れない効果がありますし、なにより、MAをPro Toolsで行う際の互換性が保たれます!ビデオ・エディターが想い描いたエフェクトを、サウンド・エディターが磨きをかけるのに、これ以上ない相乗効果をもたらすに違いありません!
下のレポートでもお伝え致しますが、今回のNABでの大きなトピックとして挙げられるEuphonixのAVIDによる買収発表も、大きな意味であらゆる制作者に恩恵をもたらす事になるでしょう!MC ColorがMedia ComposerやNews Cutterで動作するだけでなく、Windows対応も期待出来るでしょう!
同時にUnityやNitrisの導入キャンペーンや、Media Composer 5アカデミック版¥38,000(!)等、体制を立て直して、大攻勢に出たAVIDの展開に期待大です!
★Euphonix★
NAB1Day11
AVIDのところでもご紹介したEuphonixからは、MC Control v2が発表されていました!
まずはムービーをご覧下さい!

Euphonix MC Control v2
NAB1Day12新しいLED LCD Displayを採用しタッチスクリーンの反応や解像度を改善、よりスムースな動作を実現したノブや、エンコーダー、ジョグ/シャトルを持ったMC Controlがv2になって登場!NAB1Day13

MC Colorでも好評だった、つや消しブラックの外観を採用し、より一層クールになったと言えます。

いまや、Pro Toolsユーザーのみならず、コントローラーと言えばEuphonix MC Artistシリーズと言えるほどの人気を誇っていますが、マクロを組んだユーザー定義のコマンドの作成をはじめ、その理由が明白なほどのアドバンテージを持っていると言えるでしょう!
現時点では、Apple Final Cut Studioに同梱されるカラー・グレーディング・スイートColorに特化されていると言っても過言ではないMC Colorも、AVIDによる買収という現実から考えて、Media ComposerをはじめとしたAVIDビデオ・スイートに対応していくのは明白でしょう!
今から、その先の展開が待ち遠しい限りですね!
★MATROX★
NAB1Day10
MATROX MXO2 Mini
NAB1Day4コンパクトで高品位な画像を実現しながら、シンプルな構成とアイディアで、あっという間にFinal Cut、Premiereユーザーを虜にしたMATROXビデオ・インターフェイス郡!
中でも、コストパフォーマンスに優れたコンパクトな筐体で、現場での作業を容易にするMXO2 Miniは、入出力の充実度もさることながら、ファームウェアのバージョンアップを重ねる度にAfter Effectsに対応したりと進化を続けてきました。
新製品ではありませんが、上記AVIDのレポートでも触れた通り、なんとMedia Composerに対応!いまや、コストパフォーマンスに優れるBlackmagic designをも圧倒しかねない勢いをもっていると言えるでしょう!
H.264エンコーダーを内蔵して、実時間以内での書き出しに対応するMAXテクノロジーと合わせて、注目のメーカーです!
★Solid State Logic★
NAB1Day2
SSL XLogic MADI-X8
NAB1Day3ついに発売開始されたSuper Analogueマトリクス・ルーターXLogic X-Patchに続いて、MADIでのマトリクス・ルーターとなるXLogic MADI-X8が発表されていました!
詳細は正式発表を待ちたいと思いますが、X-PatchのようにMADIでのルーティングを自在に行え、Logictivityソフトウェアで管理可能なMADIルーターです。
SoundScape v6の発表も同時に行っているSolid State Logicでは、トレード・ショーが行われる度と言っていいほど、新たな開発を休みなく行っており、さらに、本業とも言えるコンソール・メーカーとしての姿勢は崩さないまま、新たなワークフローへの飽くなき挑戦が見て取れる、まさに今、一番元気なメーカーという事が出来るのではないでしょうか!
123

*記事中に掲載されている情報は2010年04月13日時点のものです。