Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

ROCK ON PRO PickUp!!〜数量限定の発売記念版が残り僅か!! RX4 Advancedが見逃せない!!〜

ROCK ON PRO Pick Up Information!! では今が導入のチャンスとなる話題のプロダクトをご紹介します!

数々の製品プロモーションがリリースされる中、選りすぐったユーザーにとって有意義な情報をご提供です、お見逃し無く!

数量限定の発売記念版が残り僅か!! RX4 Advancedが見逃せない!!


iZotope / RX4 Advanced  通常¥138,240 ¥108,000(税込)
MA作業の必携ツールとも言えるiZotope RX4 Advanced、ROCK ON PROではそのリリース記念したプロモーション特価版を確保しています!! 数量限定となるこのプロモーション版は通常価格よりも¥30,000 OFFのバーゲンプライス。ノイズ処理のみならずリバーブ除去から、アフレコを同録のように処理できるAmbience Match機能までAdvancedバージョンならではの多機能ぶりで数々のスタジオに早くも導入されています。また、Advanced版にはメータリングスイートとなるINSIGHT(通常¥51,840相当)が含まれ、レベルメーター、ラウドネスメーター、スペクトログラム、スペクトラムアナライザー、ベクトルスコープ、サラウンドスコープ、ラウドネスヒストリーグラフなど、その豊かなグラフィックで耳だけではなく視覚でもミックスを管理、クオリティを確約します。

RX4 Advanced版だけのSpecialな機能をPickup!!

Denoise,Declickと言ったノイズ除去を目的とするのであればRX4だけでも対応可能ですが、iZotopeのテクノロジーを最大限クオリティに還元するのであればAdvanced版のみに装備された機能は見逃せません!!
1)Leveler

ダイナミックレンジを自動で調整するのがこのLeveler。WavesのVocal Riderと同様に考えるとイメージが付きやすいかもしれません、オートマチックにレベルを書き込み、作業の下地をスピーディーに制作する事が出来ます。
2)Loudness

ラウドネスについても環境が整います、ラウドネスの規格をセレクトしプロセスすると自動でコンバートする事が可能。詳細な調整はミックスでの作業に譲りますが、Advancedの特長でもあるスタンドアローンで動作が行える事も大きなアドバンテージです。
3)Ambience Match

Advanced版でのハイライトとも言え、また他社製品では同様の機能を持った製品は今のところ見当たらず、RX4を導入する価値はここにあるのかもしれないという注目点。異なった環境のアンビエンスを検知しファイルに付加するこのAmbience Match。つまり、アフレコを行ったとしても同録のアンビエンスにマッチさせる事が可能、まるでその場にいたかのような処理を行う事が出来ます。MAのワークフロー全体に融通をもたらす画期的な機能と言えるのではないでしょうか。
4)EQ Match

異なる音像的特徴を持つ複数のレコーディング素材をシームレスにマッチさせ、ミックスの音に一貫性を持たせます。 例えばラジオボイスのファイルからEQカーブを検知して、そのカーブをアフレコのニュートラルなファイルに適用させる。まるで音質をコピー・ペーストするような感覚がこの機能にはあります。
5)iZotope Insight®

同社のメータリングスイートであるINSIGHTがAdvance版には付属します。単品購入では¥48,000のプライスとなるこの製品、レベルメーター、ラウドネスメーター、スペクトログラム、スペクトラムアナライザー、ベクトルスコープ、サラウンドスコープ、ラウドネスヒストリーグラフとその守備範囲は広く、視覚的にも優れた表示と機能を備えます。
6)Dereverb

その名の通りファイルに含まれるリバーブ成分を除去する機能。DeNoise / DeClickといった機能はRX4に元々含まれますが、このDeReverbはAdvanced版のみの機能。同録素材への修正ではなくてはならない存在とも言えるリバーブ除去ですが、ここまでの装備されている数々の機能とコスト面を考えるとDeReverbがこのプライスで含まれる事はパッケージングの妙味とも言えるでしょう。


RX4 Advancedならではの機能を振り返ってみましたが、単にノイズ除去を行う等の音質処理に留まらず、そのアイデアとテクノロジーでワークフローをステップアップさせる製品とも言えます。特にLeveler、Ambience Match、EQ Matchなどはこれまでの工程に大きな自由度を与え、作業に対する融通とクオリティを追求するという、単に装備された機能だけではない恩恵をもたらしてくれます。MAだけではなく音楽に対してもこのソフトを使用した新たなアプローチが生まれるかもしれません。そんな新たな音楽的なアプローチも垣間見えるRockoNセミナー『The Over Technology』~最新OZONE6、RX4が導くトラッキングの未来~が10/23(木)に開催されます!! iZotope社 Sales Representative のZac Kenny氏を迎えたこのセッションは見逃せません、只今参加者絶賛募集中、参加費無料ですので下記リンクより是非お申し込み下さい!!

*記事中に掲載されている情報は2014年10月16日時点のものです。