Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

JoeCo BlackBox Recorder 特別レビュー

JoeCo BlackBox Recorder 特別レビュー
サウンドエンジニアが求めていたシンプル設計のレコーダーJoeco社BBRシリーズ。その特徴は24bit/96KHzでの安定したマルチチャンネル録音。そして、反応性の高いUSBストレージ仕様。今後、Blu-Ray等でハイサンプルで収録されたライブ映像などがリリースされることが予想されます。いち早く現場でのハイサンプリングアーカイブを初めてはいかがでしょう?
96kHzでのLIVE録音、そして安定動作の保証されるハードウェア・レコーダーとして、DAWのバックアップとして是非ご活用下さい。


*特別な知識は必要ないシンプルな操作パネル
1Uサイズのフロントパネルには必要不可欠な情報が表示され、iPodライクなデータエントリーホイールで瞬時に必要なパラメーターにアクセス出来ます。
*HDDへはBWFフォーマットで記録
USB2.0で接続されるHDDにはBWFオーディオフォーマットで記録されます。PCに接続することでデータ変換等を行わずにそのままDAWでの編集を可能にします。
*多彩な接続環境に対応
アナログ•アンバランスからAES/EBU、ADAT、MADI、Dante接続と環境に合わせたラインナップから選ぶ事が可能です。

Joeco社BBRシリーズは1Uサイズの中に、とてもシンプルな操作を可能にしたマルチチャンネルオーディオレコーダーです。最大の特徴はハードウェアレコーダーとしては貴重な24bit/96kHzでのハイサンプリング録音が可能となっています。トラック数が半分になってしまったりといった制約は一切無く、フルに24trの録音が可能。さらにカスケードすることにより最大96tr迄拡張可能となります。今後のハイサンプル化が進むと考えられる現場での活躍が期待されます。
シンプルなフロント部にはレベル、レコーディングステータス、経過時間等の必要不可欠な表示されており、ステータスの視認性も高くなります。必要不可欠なPlay,Stop,Recのボタンは盤面に表示されています。また誤操作を防ぐ、ステータスロックが可能です。
正面左に入力信号の状況が一目で分かるインジケーター、そしてひときわ目立つパラメーターを操作するデータエントリーホイール、右側には操作ボタンにステータスが確認できるウインドーと必要な情報が表示されています。又、その視認性も良く、暗いLIVE会場でも安易に状態を確認することが出来ます。

そして1Uサイズの筐体には24trの入力端子を備え、カスケード接続する事により最大96trまでの入力に対応します。写真のAnalog IN/OUTのモデルでは上段D-sub25pinが出力、そして下段が入力に対応しておりコンパクトな筐体に24trのインターフェースを搭載。コンパクトで軽量な本体部分は、搬入、設置の手間を省くと共に体力的な部分でもメリットがあります。ハードウェアベースの高い安定性をこのコンパクトな筐体で実現。メリットは計り知れません。
HDD内蔵タイプでは無いJoeco。USB2.0のHDDを記録媒体として利用。HDD内にはBWFで記録されますので、ライブ終了後にDAWに読み込み編集作業が行えます。HDDの速度に関してもメーカー推奨は3.5inch 7200rpmということ。特殊なドライブの用意も必要ありません。
汎用性の高いドライブの利用で、DAWとの連携強化、データの受け渡しの簡略化などメリットは計り知れません。専用のキャリー等の必要もありません。普通に量販店で買えるドライブで録音が可能です。
現状では、ライブの収録等でメインで使用しているDAWのバックアップとしてJoeco社製品が使用されています。クリティカルな現場においてもその高い安定性は信頼を得て広まりを始めています。失敗の許されない中継車(ライブのレコーディングや放送等)でも使用されており、製品の安定性は証明されています。
BBRシリーズは多種多様なラインナップを用意していますので、あなたのシステムに合う1台がきっと見つかるはずです。


<<BBR製品ラインナップ>>
◎24CHマルチトラックレコーダー

BBR1U/ 24ch-アナログ・アンバランス入力モデル
24chのアナログInputを備えます。17-24chはループスルーアウトが可能。

BBR1B/ 24ch-アナログ・バランス入力モデル
24chのアナログInput/Outputを備えたモデル。

BBR1A/ 24ch-A-DAT入力モデル
24chのアナログ/ADAT INPUT、24ch-ADAT OUTPUTを備えたモデル。

BBR1D/ 24ch-AES入力モデル
24chのアナログ/AES INPUT、24ch-AES OUTPUTを備えたモデル。


◎DANTEマルチトラックレコーダー

BBR-DANTE/ DANTE 64CHモデル
DANTE Ethernetモデル最大で64chの同時録音が可能。8chのアナログ入力を持ち、DANTEの56chと同時に録音、もしくはDANTEの64chの同時録音が可能。


◎MADI マルチトラックレコーダー

BBR64-MADI/ MADI 64CHモデル
MADI Ethernetモデル最大で64chの同時録音が可能。8chのアナログ入力を持ち、DANTEの56chと同時に録音、もしくはDANTEの64chの同時録音が可能。
多岐に渡る製品ラインアップをリリース。ライブ録音を考えている方はもちろん、マルチトラックのバックアップ・レコーダーとしてベストチョイスになること間違いありません。
基本スペック
サンプルレート:
BBR-1U, 1B, 1A,1D:44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz
BBR-DANTE :44.1kHz, 48kHz
BBR64-MADI :44.1kHz, 48kHz /88.2kHz, 96kHz(ダブルサンプルレート:32ch)、56ch MADI対応
ディスクインターフェース: USB2
ディスクフォーマット: FAT32
メディア: USB2 hard disk (7200rpm以上推奨)
サイズ: 425mm x 150mm x 44mm
重量: 2.1kg


*記事中に掲載されている情報は2012年06月13日時点のものです。