Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

NEUMANN KH120 / 定番ノイマンからのリファレンスモニター

NEUMANN KH120
世界的に有名なマイクメーカーが送り出すモニタースピーカー限られたスペースにも設置出来るコンパクトなボディー、そしてスイートスポットの広さが魅力です。なぜ、マイクメーカーであるNeumannがスピーカーを開発することになったのでしょうか?搭載されている多くの技術と共に確認をしてみようと思います。


NEUMANN KH120A
•マイクメーカーが送り出す世界初のスタジオモニタースピーカー
 業界基準のマイクを作り出したメーカーが送り出す新たな世界基準への挑戦を是非ご自身の耳で体験して下さい。
•効率良くセッティングが出来る4ポジションの低•中•高域のイコライザー
 部屋やスタジオを移動してもそこがあなたのベストスタジオ。過度に音を変えるのではなく、ベストな環境へ導きます。
•プライベートスタジオから放送までフレキシブルな対応
 コンパクトに設計された独特なアルミニウムボディーが限られたスペースにも有効な広いスイートスポットを提供します。
レコーディング/放送の現場でスタンダードなマイクとして有名なNEUMANN社からリリースされた初のスタジオモニターKH120A。ノイマンは、過去にミキシングコンソール、アナログレコード用カッティングマシンまでも製造。音の入り口から出口までを知り尽くし、そしてアナログを知り尽くしたプロフェッショナルの手によるモニタースピーカーです。マイクロフォンの世界では知らない人が居ないブランドですが、今度はスピーカーの分野でも新たなるスタンダードを狙う意欲的な製品です。

Horizontal Directivity


ターゲットとして、中継車や限られたスペースのプライベートスタジオ等に於いて、最大の実力を発揮できるよう工夫を凝らした設計がなされています。この空間容積の小さいスペースというのは、まさに国内で皆さんが作業されている環境に合致するのではないでしょうか?
キャビネットによる回り込み、不要な位相干渉を極力まで排除するために独自開発されたアルミニウムボディー。そのコンパクトなボディーは設置場所を選ばず、又コンパクトな外観からは想像の着かない広いスイートスポットと、低域伝達を実現。リスニングポイントが多少ずれてもフォロー可能なように配慮がなされています。

4-Band EQ Curve


更に、電気的にも4ポジションのイコライザーを搭載。決めの細かい微調整により、設置場所、空間に合わせたサウンドメイクが可能です。このイコライザーの設計にもノイマンの高いアナログ回路設計技術が応用されています。位相感の少ないスムーズなサウンドの変化からも、この製品に掛ける意気込みが伝わります。
アンプもTweeter / Woofer共に80Wとサイズから考えると十分すぎる余裕のあるアンプを驕っています。パワードスピーカーでは、最低限のアンプしか搭載されない傾向が強いですが、ここにもこだわりが。動作に関しても発熱の問題を持つClass AではなくAmcron等の業務機での採用実績の高いClass ABによる設計。コンパクトなサイズからは想像の出来ないMax SPL 111dBは驚異的とも言えます。
天吊、壁掛け用の金具、アクセサリー類も豊富に準備されています。どの様なシーン、現場にもフィットするコンパクトスピーカーの登場です。

Frequency Response


2013年にはデジタル入力を備えたKH120Dが登場予定!
追加でデジタル入力端子を装備。DAWからDigitalで入力すれば、外部からのノイズフリーの環境が構築出来ます。ポスプロなどフルデジタル化の進スタジオでの活躍が期待できます。

*記事中に掲載されている情報は2012年03月28日時点のものです。