本サイトでの Cookie の使用について

Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«Headline

Author

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

Pro Tools Dolby Atmos関連ノウハウビデオ情報

2023.12よりPro ToolsにDolby Atmos Renderer機能が追加され、制作環境がまた大きく構築しやすくなったDolby Atmos。AvidよりそんなPro Tools内部レンダラーについてのノウハウビデオが公開されています。スタンドアロンのRendererとはまた異なる設定が必要な内部レンダラーをこのビデオを見て使いこなしましょう!

Pro Tools Dolby Atmos 内部レンダラー


まずはこちらの動画で、基本的な機能や設定、操作について確認できます。内部レンダラーの初期設定において肝となるのがモニターパス設定ですのでお忘れなく。

リレンダラー機能及び設定解説


ダウンミックスやラウドネス管理には欠かせないリレンダラー機能についてのビデオです。

カスタム・ライブリレンダラー機能を応用したステム出力方法


Group設定をしておけば、Groupごとのソロ、ミュートのほかステム書き出しまで活用することができます。

Apple Music空間オーディオ・バイノーラル・モニター設定


AudiomoversのBinaural Renderer For Apple Musicを組み合わせれば、Logic ProでなくてもApple空間オーディオを意識したモニタリングが可能です。(購入はコチラ)

HDX DSPを使ったAtmos環境下での低レーテンシーモニター設定


まさにProToolsの内蔵機能ならではの使い方が可能。HDXシステムやハイブリッドエンジンをお使いの方は知っておいて損はない情報ですね。


まだ対応するPro Toolsをお持ちでない方は、アップグレードでDolby Atmos制作環境をGETしてみてはいかがでしょうか!

Pro Tools Ultimate 永続版アップグレード
在庫限り旧価格 ¥57,750 (本体価格:¥ 52,500)
Rock oN eStoreで購入<<<



新バージョンのたびに続々と新機能が追加されているPro Tools内部レンダラーを120%使いこなしましょう!Dolby Atmos制作環境に関するご相談はROCK ON PROまでお問い合わせください

SNSで共有
*記事中に掲載されている情報は2024年07月08日時点のものです。