Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

MassivePack 7 Special Review Vol.2/ t.c.electronic MD3

MD3_2.jpg
Massive Pack 7の目玉Plug-in、MD3のご紹介の第2回です。t.c.electronicの技術の粋を集めたsystem6000からの移植アルゴリズムにより完成されたAll in one Mastering SuiteとなっているMD3の機能と実際の使用のTIPSをご紹介いたします。今回のMassivePack 7はこのプラグインの為だけにご購入いただいても損はない!と言い切れるくらいの魅力を感じて下さい。
MassivePack 7 Final Offer / ROCK ON PROのスペシャルキャンペーンのページはこちら>>>
MassivePack 7 & MassivePack 7 proご購入はこちら>>>
お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)メールにてもお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、洋介までお気軽にどうぞ。
reply.gif
◎4Band EQ
過去にt.c.electronicはTC2210というハードウェアEQで非常に高い評価を受けたことがあります。このEQはクリアな音質と高域のかかりの良さが魅力でした。その後、Plug-inとしてEQ satをリリース。Equlizingにより生じたクリップをt.c.electronic独自の技術Soft Clipをベースに回避する機構を持ったEQでした。デジタルならではのシャープな効きと、いざという時のアナログライクなクリップ防止を持つ使いやすいEQでした。こちらは、現在もPowerCoreシリーズで使用することができます。TDM版はt.c.toolsとしてリリースされていましたが、残念ながら開発が終わってしまい現在は使用することができません。この、ハイクオリティーなEQを使用することができるのは、MD3のみとなっています。EQ sat譲りのシャープな効きはそのままに、リニアフェイズかと勘違いしてしまいそうな位相の良さ、0.1dBパラメーターを切り替えただけではっきりと違いの分かるクリアな効き具合をしています。単品でも使用したくなるこのEQをステレオ、M/Sで使用することができます。やはりM/Sで使用した際の新鮮な効果が非常に印象的です。Mono成分の中域を上げてセンターの存在感を上げる、Stereoの高域を上げてリバーブ感や、空気感をアップ。今まで、苦労して付けていたニュアンスが、いとも簡単に操作することが可能です。MassivePack 7には他にもbx_DigitalというM/S分離をしてのMastering EQもあります。まさに、今が旬のMastering方法といえるのではないでしょうか。
◎3Band Mluti-band dynamics
MD3_web.jpgMluti-Band Dynamicsの効果、必要性は、誰もが一度は体感していると思いますが、周波数クロスのポイントをリニアフェイズ処理し、各バンドごとに全てのパラメーターにアクセス出来て追い込めるMD3のMluti-Band Dynamicsはやはり一歩先を行くクオリティーを誇ります。そしてこの部分もM/S分離での処理が可能。EQでも書きましたが、今までと全く違ったアプローチでのMasteringが可能となります。位相感、ステレオワイズ、センター成分のボリュームなど、いとも簡単に自由自在に扱うことが可能となります。かかり具合も、Mater Xほど音が固くならずにナチュラルで、t.c.electronicらしいソリッド感を持ち合わせたサウンドを奏でます。
次回のレビューでは、MD3の隠れた魅力、絶対にクリップしないファイル作成のファイナルウェポンBlick Wall Limiter機能の説明を予定しています。ご期待ください。
MassivePack 7 & MassivePack 7 proご購入はこちら>>>
メーカーサイトはこちら>>>

*記事中に掲載されている情報は2008年09月11日時点のものです。