Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«Headline

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

Dolby Personalized HRTF App (iOS)ベータ版が公開中

Dolby Personalized HRTF ベータ版が公開中

昨年、Apple Musicが空間オーディオの再生に対応し、大きな話題を集めました。現在Amazon Music HDやTidalといった別のサービスでもロスレスやハイレゾ、空間オーディオの再生に対応し、それらはストリーミングサービスにおける付加価値として、一般の音楽リスナー達にも徐々に受け入れられはじめています。

各フォーマット、一長一短ありますが、中でもバイノーラル再生時の”個人化HRTF”への対応は重要なポイントの一つと言えるでしょう。なぜなら、マルチチャンネルからバイノーラルへのレンダリング時に、個人最適化されたHRTF関数を使うことでより正確な立体音像定位を得られるようになるからです。

例えば過去弊社記事でもご紹介させていただいている通り、360 Reality Audioでは、対応製品とスマートフォンアプリを活用することで、個人最適化された音像定位で音楽を楽しむことができるのが特徴で、同様のサービスはCreative TechnologyのSuper X-fiやEmbodyのImmerseなどが挙げられます。

そんな中、これまでそのような動向が見られなかったDolbyより個人化HRTF作成アプリ「PHRTF Creator」のベータ版が公開されました。これは現段階ではリスナー向けではなく、主に音楽、映画、TV、ゲーム業界でDolby Atmos制作に携わっているプロ向けの機能となっているようです。

Dolby Professionalのページへ:
https://professional.dolby.com/phrtf/

ベータ版試用手順

・必要事項:
   – iOS 13以降を搭載したFace IDに対応したiPhone
  - Dolby Atmos Renderer v3.7.1 ( こちらからダウンロード可能です。※1)
   – 試聴可能なドルビーアトモスコンテンツ

※1:起動にはDolby Atmos Production Suiteのライセンスが必要です。Dolby Atmos Renderer ソフトウェアのダウンロードページでサインアップすると、90 日間の トライアルライセンスをリクエストすることができるようになります。iLokアカウントに認証ライセンスをデポジットしてもらうためには、iLokのログイン情報が必要となりますのでご注意ください。


・ベータ版のインストール方法
  1.テストに使用するiOSデバイスにTestFlightをインストールします。
  2.iOSデバイスから次のリンクをクリックします。:https://testflight.apple.com/join/7lxusSow
  3.「Accept」→「Install」の順にタップします。
  4.「PHRTF Creator」アプリを開き、指示に従って操作してください。
  5.キャプチャが完了すると、メールとiOSのプッシュ通知が届きます。


・PHRTFのダウンロード
  1.PHRTF作成成功の通知を受け取った後、PCから phrtf.dolby.com/renderer にアクセスし、PHRTF Creator Appで使用したものと同じ認証情報でログインしてください。
  2.PHRTFをダウンロードします。このファイルは、Creatorアプリで入力した姓名の.personlized_headphoneファイルです。ブラウザからデフォルトのダウンロード場所にダウンロードされます。PHRTF CreatorアプリのLabelフィールドを使用してダウンロードを区別することができますので、任意の時点で追加のキャプチャを作成することができます。
  3.ファイルのダウンロードが完了したら、ブラウザウィンドウを閉じます。


・PHRTFを適用する
  1.personlized_headphoneファイルをデフォルトのダウンロード先からハードディスク上の以下のフォルダにドラッグ&ドロップしてください。
  
   – macOS:/Users//Library/Application Support/Dolby/Dolby Atmos Renderer/Binaural Configurations
   – Windows:ProgramData\Dolby\Dolby Atmos Renderer\Binaural Configurations

  2.Dolby Atmos Rendererを起動し、PreferencesのHeadphoneタブで”Headphone processing”が”ON”になっていること、”Render mode”が”Binaural”に設定されていることを確認してください。
  3.ヘッドフォンに正しくルーティングするために、PreferencesのDriverタブで”Headphone Only mode”を有効にすることを推奨します。
  4.Rendererの右上に”Binaural configurations”というドロップダウンが表示されるようになります。このドロップダウンより、先ほど作成したPHRTFに変更します。
  5.ドロップダウンの横にある情報アイコンの上にカーソルを置くと、PHRTFの情報を見ることができます。
  6.作成したPHRTFで、アトモスコンテンツをお楽しみください!


Dolby Atmos Rendererをお使いの方は是非お試しください!
Dolby Atmos 制作に関するお問い合わせは下記コンタクトフォームよりお寄せください。

*記事中に掲載されている情報は2022年04月01日時点のものです。