Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

Pro Tools 11で利用できなくなるPluginを使用する方法

Pro Tools 11で全てが64bitとなり、多くのサードパーティ製品(プラグイン、ソフトシンセ)がAAX 64bit環境に未だ対応していな状況にあります。そんな状況ではありますが、いくつかの方法でこれらのサードパーティー製品を動作させることが可能。代表的な2製品をご紹介いたします。

Vienna Emsamble Pro 5

こちら、様々なシーンで紹介されることの多いアプリケーションですが、ホストプラグインが早くもAAX 64bit対応を果たしているので活用が可能。別のPCを用意しなければいけないという問題はありますが、そこは、プラグインパワーが倍になると前向きに捉えていただいたほうが良いポイント。VEP5では、VST,AUベースのソフトシンセが動作します。商品名からVienna専用かと思われるかもしれませんが、かなり汎用性の高いエンジンを搭載しているのでかなりの種類のプラグインを動作させることが可能です。接続もEthernet Cable 1本とシンプルなのも魅力の一つ。外部音源を使い慣れている方ならば、違和感なく導入が可能ではないでしょうか?
ご購入はこちら>>>
メーカーサイトはこちら>>>

Nomad Factory MAGMA


初めて聞く名前かもしれないこちらのプラグイン。AAX 64bitのプラグインの中で、VSTプラグインを動作させるという商品。(本来は、ヴァーチャルラックと呼ばれるプラグインの中で複数のエフェクトをスタックして利用するタイプの製品。この機能は、VST Chainerと呼ばれる部分)リリースから、そんなに時間が立っていないため動作精度に問題をはらんでいる部分はありますが(Sonnox,FluxはNGでした)、どうしてもお伝えしたいのがVST版のWAVESが動作した!!!ということです。1日も早いAAX 64bit化の望まれる、Plugin業界の大定番であるWAVES。この執筆時点では、AAX対応版をリリースできずにいます。しかし、このMAGMAを介して起動をすればPro Tools 11上でWAVESが使用できるのです!!!高価なソフトではありませんので、WAVESのAAX対応までのつなぎとしても、VSTのみで提供されているプラグインのコンバーターとしても、もちろん単体のプラグインとして65種類のエフェクトを内蔵していますので無駄なお買い物にはならないのではないでしょうか?ぜひともチェックを!!!
※MAGMAで動作するためにはVST64bit対応版がインストールされている必要があります。
※Windows版は後日対応予定となります。
ご購入はこちら>>>
メーカーサイトはこちら>>>


*記事中に掲載されている情報は2013年07月11日時点のものです。