Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

2011年!ROCK ON PRO飛躍のSYSTEM UP!Pro Tools 9 “Opennes”Post Production Studio


ポストプロダクションに必要とされる機能、サラウンドをキーワードとした、Pro Toolsシステム例です。
オプションを含めたご相談はお気軽にお問合せ下さい。

お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)にてお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、豊桝、田端までお気軽にどうぞ。

Mobile HD Native System for Sound Effects Engineer

音響効果をされている方にお勧め!Mobile HD Native System


Pro Toolsのモバイル用途としてLEシステムの使用実績の高いこの分野ですが、HD Nativeの登場により、SYNC HDの使用が可能となります。同期は、MTCベースでしかできなかったLEシステムは、リファレンスを受けることができずに、なんとも気持ちの悪い思いをした経験は誰しもがあると思います。このシステムならば、2UのラックとLaptop PCでGen Lockが可能となります。また、I/Oの選択により、AESのアウトを増やすことも容易です。今回のご提案では、HD OMNIを選んでいますが、その理由は、HP OUTを搭載しているためです。シンクを切り離して独立して仕込む際にHP OUTは、非常に便利にお使いいただけると思います。AES OUTを増やしたい場合には、コストパフォーマンスの高いHD I/O 16×16 digitalをお選びください。

ここがポイント!!軽量コンパクトな1 Slot Expansion

コンパクトなモバイルシステムを、確実に運用するための堅牢なシステム。Pro Tools HD Nativeシステムを最大限に活かす事が出来るのが、軽量コンパクト設計となる 、Magma ExpressBox 1 Proです。1枚のフルレングスPCIeカードのみを搭載する事によって、従来の拡張シャーシの常識を打ち破るような重量とサイズを実現しています。今やこの業界の唯一と言っても良い、信頼性もチョイスされる大きな要因となるでしょう。
Magma ExpressBox 1 Proの詳細はこちら>>>

ココがポイント!!現場でのGEN LOCKを可能にするSYNC HD

モバイルにて外録するにも最適なシステムと言えますが、収録現場やMAの現場でGEN LOCKとの同期が必要になる場合、HD NativeシステムならばSYNC HDが使用可能です。Video SyncはもちろんSMPTEにもロック可能なSYNC HDが使用可能になったことによって、MAだけでなく、ビデオ編集の際でも大きな柔軟性が得られる事は間違いありません。
お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)にてお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、豊桝、田端までお気軽にどうぞ。

HD6 Accel System for Post Production

サラウンド・ミックスを余裕を持って完遂!!

サラウンドミックスを始めると、DSPのパワーはいくらあっても良いという状態になります。
サラウンドのトラックに一つエフェクトを掛けることは、ステレオにかける場合の3倍のDSPを消費するためです。これを解決する方法は、ひとつ。拡張シャシーを用意して、Accel CARDを増強することとなります。
DSPパワーの増強と共に、処理の重いサラウンド・プラグインやノイズ・リダクションを多様する事も可能となり、CPUパワーのリソースと併せて、大規模なサラウンド・ミックスにも余裕を持って対応する事が可能です。
今回の提案では、デジタルコンソールに接続すること前提にHD MADIとしています。SSL,AVID(旧Euphonix)、AMS NeveといったメーカーのコンソールであればMADIで64chの接続が簡単に行なえます。パッチは、コンソール側で行えますので、シンプルなMADI接続が今後トレンドとなってゆくことでしょう。

Avidシステムとの連携!Video Satellite Systemを含めた、映像編集とPro Toolsに関してはこちら>>>

ここがポイント!!最大規模のDSPパワーを実現!!

シリアル伝送であるPCI Express規格の膨大なスループットを利用する事により、最大6枚のHD Accelカードを使用する事が可能となります。
その膨大なDSPパワーは、Mips値の最大化も実現しますが、同時に総数で54個にもおよぶDSPチップの数自体が、パフォーマンスに影響する事を見逃す訳にはいきません。大きな処理能力が求められるサラウンドミックスにおいて、確実な処理を行うDSPの存在がいかに重要なのかは、これから、さらに多くなるだろうサラウンド・プロジェクトで判明して行く事でしょう。

ここがポイント!!サラウンド対応プラグインの充実

様々なフォーマットや規格がささやかれるサラウンド・フォーマットですが、徐々にサラウンド対応のプラグインの数も増えてきています。今や老舗とも言えるWavesからは、360° Surround Tools TDMがイコライジング、ダイナミクス、リミッティング、リバーブとして揃っている他、audioease Altiverb 6 XLやTL Space TDMなどのサラウンド対応の、サンプリング・リバーヴも登場してきています。サラウンドと言ってもう怖じ気づく必要すらないと言えるでしょう。
さらに、MAの現場では必須とも言えるRestoration/Noise Reductionも豊富に出そろってきています。
お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)にてお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、豊桝、田端までお気軽にどうぞ。

ROCK ON PROが導入のお手伝いをさせていただきました

株式会社 て・ら 様

新橋の駅からほど近い、ブロードキャストに取っては絶好のロケーションと言える場所に、その機能を集中させている制作プロダクション「オフィスて・ら」様 は、テレビ番組制作の総合プロダクションとして、BS日テレの「スーパースポーツマガジン」、テレビ朝日の「サッカー星人」などを、制作からポストプロま で自社制作しています。
SSL C200とPro Tools HDのMADI接続にて運営されています。

Pro Tools 9 “Opennes”トップに戻る>>

*記事中に掲載されている情報は2011年01月08日時点のものです。