Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

Solid State Logic XRackシリーズに、コンパクトな選択肢MYNXが登場!

mynx.jpg
Solid State Logicの誇る究極のアナログ・コンソール XL 9000 KのSuper Analogue Technologyを最大限に駆使したモジュールの数々を、8本まで自由なコンフィギュレーションでマウント可能なことで、世界的に人気の高まってきているXLogic XRackシリーズに、コンパクトにシステムを構築できる、新たな選択肢が登場しました!
MYNXは、My New Xrackの名のもとに最小限のXRackモジュールを2本(1Uサイズ)もしくは1本(2Uサイズ)マウント可能な、ACアダプター駆動のミニXRackです。
従来のXRack Empty Rackと同様、内部にバス・カードを搭載しているので、Total Recal機能以外はXRack Empty Rackと全くかわらない使用法が可能です。

APIで言えば、まるでLunch Boxの様な気軽さで、Super Analogueのサウンド・クオリティを自由に持ち出すことが可能になるのです!
ご予約受付中です!
※写真にはモジュールが組み込まれていますが、MYNXはモジュール別売りとなります。
Solid State Logic MYNX  ¥66,045
go.gif
お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)メールにてもお待ちしております。

営業担当:岡田、梓澤、洋介までお気軽にどうぞ。

reply.gif
mynx_rack.jpg
Solid State Logic XRack Stereo Bus Compressor Module
gcomp.jpg
SSLのラージフォーマットコンソールSL4000Gシリーズのセンターセクションに搭載されたハイクオリティなコンプレッサーを音質、機能はそのままにX-Rackのモジュールにしました。Threshold、Attack、Ratio、ReleaseやMakeUpコントロールで非常にシンプルに操作できます。このモジュールによりX-Rackはより完全なミキサー/アナログワークステーションとなります。サイズは2スロット分です。

  • SSL伝統のマスター用ステレオバスコンプレッサー
  • 位相差等の発生しない完璧なステレオリンク
  • リンク端子で複数台を使用しサラウンドコンプレッションにも対応
  • 使い勝手を考慮しゲインリダクション表示には伝統のアナログメーターを装備
  • 電子バランスによるXLR入出力端子装備

Solid State Logic XRack VHD Input Module
vhd.jpg
現行のMIC Pre Moduleの機能に原音に2次倍音から3次倍音を連続可変で加えることのできるVHD回路を追加、VHDをX-Rackでも使えるようにしたモジュールです。さらにSSL伝説のListen Mic Compressorを装備、ハイパスフィルター・ローパスフィルター、RECバスアサイン機能も標準装備です。

  • 電子バランス超広帯域マイク入力
  • +20dBから+70dBゲインコントロール
  • Hi-Z (ハイインピーダンス) と-20dBパッドスイッチをマイクインプットに装備
  • 独立したライン入力XLR端子装備
  • VHD回路による第二次高調波歪から第三次高調波歪付加回路
  • ドラムサウンドなどに有効な伝説のリッスンマイクコンプレッサー装備
  • 可変型ハイパス、ローパスフィルター装備

Solid State Logic XRack Master Bus Module
master.jpg
新しいMaster Bus モジュールはX-Rack内のMasterとRecord Stereoバス(スタジオコントロールルームと同様)のコントロールが可能です。このモジュールにはミックスインサート、インサートサム、モノコンパティビリティチェック、マスターアウトのメーターが装備されています。さらに2系統のスピーカー(メイン/ミニ)を接続することができ、レベル、DIM、CUTをコントロールすることができます。
Solid State Logic XRack 8 Input Summing Module
8line.jpg
X-Rack 8ch入力モジュールは、サブミキサーやシンセサイザーなどスタジオのマルチチャンネル・オーディオ・インターフェースから、より多くのステレオソースを扱いたいというX-Rackユーザーの要望に応えるべく誕生しました。
X-Rack 8ch入力モジュールは、4ch入力モジュールの2倍の入力を備えていますが、インピーダンスのレベルコントロール、ソロスイッチ、パンコントロール機能は装備されておりません。4ch入力モジュール、8ch入力モジュールは共に Master Busモジュールと組み合わせて使用することで、サミングやメータリングができ、X-Rackをマルチ入力モジュールとして又はトータル・リコール付きのデュアル・ステレオバスのミニSSLミキサーとしてご使用いただくこともできます。

  • X-Rack 8chライン入力モジュールは、4つのステレオペアで構成
  • 各ステレオペアは、モノまたはステレオの切替が可能
  • 入力1/2 および 3/4 にインサートポイントを装備
  • 各ステレオペアに個別のON/OFFスイッチを装備

Solid State Logic XRack 4 Channel Input Module
4line.jpg
新しい4 Line Inputモジュールは、モノ4チャンネルのライン信号(各々にソロ、ボリューム、パン付)をX-Rack Master BusまたはRecord Busに送ることができます。各チャンネルにはインサートを装備していますので他のX-Rackモジュールはもちろん、X-Rack以外のアウトボードとつなげることが可能です。また、7枚の4 Line Inputモジュールと1枚のMaster Busモジュールを実装すれば1台のX-Rackで最大28チャンネルのラインインプット、デュアルステレオミックスバスが構築できます。さらにもう一台のX-Rackに8枚の4 Line Inputモジュールをフル実装して32チャンネル仕様にし、28チャンネルのX-Rackとカスケードすれば2台で最大60チャンネルのラインミキサーが構築できます。
Solid State Logic XRack Dynamics Module
dynamics.jpg
X-Rack Dynamicsモジュールはコンプレッサー、リミッター、エキスパンション、ゲート機能があり、XL 9000 Kシリーズコンソールのチャンネルダイナミクスを基に作られています。回路のすべてが、SSLのSuperAnalogueの設計技術により作られているので、非常に低ノイズで歪みの少ない高品質のサウンドが得られます。
Solid State Logic XRack Mic Amp Module
micamp.jpg
X-Rack Mic Ampモジュールはプロジェクトスタジオの多様なインプットニーズにも対応できるようデザインされています。

  • SuperAnalogueマイクプリ 75dBゲイン
  • 可変インピーダンス
  • ファンタムパワー/フェーズリバース
  • マイクゲインと独立したラインインプットコントロール
  • ハイ/ローパスフィルター
  • フロントパネルにインストゥルメント入力端子装備
  • バスアウトプット切換可能

Solid State Logic XRack EQ Module
eq.jpg
多くのプロデューサーとエンジニアは「ランチボックス」と称するSSLコンソールから取り外した古いEQモジュールを持っています。ある人はそのEQが彼らのミックスのためには必要不可欠なツールであると言うでしょう。このChannel EQモジュールはSSLの伝統的なラージコンソールに装備されているSSL twin-curve、EとGシリーズのイコライザーカーブをコンパクトなX-Rackで再現できます。

*記事中に掲載されている情報は2008年05月10日時点のものです。