Shibuya 03-3477-1776
Umeda 06-6131-3078

«投稿

Author

ROCK ON PRO

ROCK ON PRO

渋谷:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F     03-3477-1776     梅田:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル1F    06-6131-3078

【情報追加】5/13(金)Avid Live Sound Summit 2016開催!!

【636*250】20160425_ALSS2016
【5/9追記】
ご登録の上、ご来場頂いたお客様の中から、抽選で3名の方に「Pro Tools年間サブスクリプション」(¥37,300税抜相当)をプレゼントとのこと!! 奮ってご参加ください!!

先日最新バージョンとなるv5.1がリリースされたVENUE | S6L。Avidライブサウンドシステムのフラッグシップであり、2枚のAVBカードによる大規模なネットワークオーディオシステムは、より大きなステージを実現することが可能となりました。そのVENUE | S6Lを支える中心人物となるAvid Technology Inc.のライブサウンド製品シニア・マーケット・スペシャリスト、ロバート・スコヴィル氏が来日、Avid Live Sound Summit 2016と銘打ってのセミナーが5/13(金)、恵比寿ガーデンルームにて開催決定です!!
また、当日は3月に開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiral」で24bit/96KHz収録された「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」のライブ・コンテンツを使用したパネルディスカッション形式のワークフロー・セミナーを第一部に実施。
その際に使用されたS6L, Pro Tools, TASCAM DA-6400に関する製品/技術解説に加え、収録サウンドをミックスした音楽プロデューサー/エンジニアの佐藤 純之介氏による配信コンテンツ制作時のサウンド・コンセプト/ミックス・ノウハウを解説。会場ではMartin AudioのPAスピーカーシステム「MLA Mini」を使い、AVB経由でS6Lに接続したPro Toolsから、そのセッションをマルチで立ち上げ、S6Lのバーチャルサウンド・チェック機能を利用し、24bit/96KHzハイレゾ1曲丸ごと試聴会も予定されているとのことです。
参加お申し込みは下記リンクページ内のAvid Blogサイトより行えます!!
>>お申し込み・詳細はこちらから!!


■Avid Live Sound Summit 2016
日程 2016年5月13日(金)
時間 14︰30~18︰00(14︰00会場)
会場 恵比寿ガーデンプレイス内 The Garden Room
住所 153-0062 東京都目黒区三田1-13-2(地図
【内容】
◎Avid Everywhere for Live Sound & NAB 2016情報
ラスベガスにて開催されるNAB 2016でのAvidライブサウンド製品の最新情報をお伝えします。
◎Avid Live Sound Workflowセミナー ~ライブパフォーマンス・コンテンツ化の可能性:
ゲストスピーカー: サウンド&レコーディング・マガジン編集人 國崎 晋氏
3月に実施された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiral」で収録されたライブ・コンテンツ使用したワークフロー・セミナー。 当日使用されたS6L、Pro Tools、Tascam DA-6400に関する技術解説に加え、ライブ・パフォーマンスをコンテンツ化していくことのアーティスト/プロダクションにとってのビジネス的な可能性についてサウンド&レコーディング編集人でもあり今回のHIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiralの仕掛人の一人でもある國崎 晋氏に講演していただきます。
◎VENUE | S6L テクニカルセミナーby ロバート・スコヴィル
優れた音質、高い操作性、そしてPro Toolsとの統合等を実現したAvidの最新ライブ・サウンド・コンソール「VENUE | S6L」。S6Lの開発段階から関わり、その設計思想や機能の全てを知り尽くしているロバート・スコヴィルは、現在でも数多くのライブ・サウンド・ミックスを実際に手がけるライブ・サウンド・エンジニアでもあります。Venueシリーズで開発で培われた経験、現場で必要なノウハウや機能を、その製品仕様に反映させたデジタル・ライブ・コンソールの最先端システム「VENUE | S6L」。その全てを知り尽くしたエンジニア「ロバート・スコヴィル」による最新ライブサウンド・ミックスの「今」と「ノウハウ」を是非ご覧になってください。
本セミナーでは、S6Lについて、基本的な概要から、具体的な操作方法、各モジュールの機能/役割を最新ソフトウェアバージョン v5.1の新機能と合わせて詳しく説明します。
・S6Lシステム概要説明
・S6Lシステム各モジュールの機能/操作方法詳細説明
・S6Lで実現した様々な機能をベースに現場に役立つノウハウを伝授!
・最新v5.1に基づいたデモンストレーション(ユニバーサルビュー/スピルワークフロー/レイアウト等)
・近日対応予定のI/Oシェアリング機能の概要紹介
・Q & A


s6l_robartscovill_header_w520
ロバート・スコヴィル氏
プロフェッショナル・コンサートでのサウンド/レコーディングで30年のキャリアを持つベテランエンジニアで、3000以上のイベントでミックスを手掛け る。トム・ペティ & ザ・ハートブレイカーズ、マッチボックス・トゥエンティ、プリンス、ラッシュ、デフ・レパートなどの人気の高い音楽活動に参加協力。現在は、Avid Technology Inc.のライブサウンドおよびレコーディング製品のシニア・マーケット・スペシャリストとして、同社のライブサウンド市場における成長を様々な側面から支えている。

*記事中に掲載されている情報は2016年04月25日時点のものです。