Home » プロモーション » 2011年!ROCK ON PRO飛躍のSYSTEM UP!Pro Tools 9 “Opennes”Video Editing & Video Satell...

2011年!ROCK ON PRO飛躍のSYSTEM UP!Pro Tools 9 “Opennes”Video Editing & Video Satellite System

2011年1月10日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


Pro Toolsでの簡易的なPOST業務から、業務レベルでの映像編集システム、Pro Toolsとの連携まで、ニーズに合わせたご提案が可能です。
オプションを含めたご相談はお気軽にお問合せ下さい。

クライアントのチェックが不要な簡易POST System

簡単なCMのMAや、企業PRビデオ作成などに最適な簡易システム

ここがポイント!!最小の投資で最大の効果

  • Pro Tools Software上にインポートしたVideoトラック画面を、デュアル・ディスプレイで拡大再生するのみ。最小の追加ハードウェアで作業環境を構築。
  • QuickTimeにて再生可能なビデオ・ファイル全てに対応。
  • ヴォイス・オーバーやクライアントの現場チェックが不要な、完パケに対する簡易MAに最適。

構成

  • デュアル・ディスプレイ(拡張デスクトップ・モード)
  • オーディオ/ビデオ用HDDをそれぞれ分けて準備する事を推奨

外部モニター送出が必須の簡易POST System

ヴォイス・オーバーや外部モニターを使用可能な簡易システム

ここがポイント!!汎用のモニターを利用した、ナレ録り対応システム

  • ナレーション・ブースなどでのヴォイスオーバーや、クライアント確認用の外部モニターへの送出が必須な、CM作成、PV作成を主に行うプロジェクト・スタジオに最適。
  • Pro Tools SoftwareのOPTION > FireWireビデオ出力を選択するのみ。
  • QuickTimeにて再生可能なビデオ・ファイル全てに対応。
  • コンポジット/S-Video入力のあるモニターに幅広く対応。

構成

  • canopus ADVC110
  • SUNIX FWB 3414g PCIe Card
  • オーディオ/ビデオ用HDDをそれぞれ分けて準備する事を推奨
  • 外部FW HDD使用の際は、ADVC110を増設したFWバスに接続する事を推奨

AVIDビデオ・ファイル& QuickTimeに対応するPro Tools POST System

AVIDビデオ・ファイルのキャプチャ/レイバックがPro Tools単体で可能なEdit System

ここがポイント!!SDI入出力によるビデオのキャプチャ/レイバック、簡易編集が可能

  • DVCAM等のSDI入出力を持つ業務用ビデオデッキから、Pro Toolsへのキャプチャまたはレイバック、簡易的なカット編集迄を可能にし、タイミングのシビアなヴォイスオーバーやダビング、色空間を確認するための業務用モニターを使用する、ポスト・プロダクション・スタジオに最適。
  • AVID Video Engineによる、Pro Toolsとのサンプル・アキュレートでの同期(SYNC HDが必要)
  • AVIDビデオファイル(SD)でのキャプチャの他、QuickTimeファイルの再生にも対応。
  • QuickTimeにて再生可能なビデオ・ファイル全てに対応。
  • SDI入出力を備える業務用ビデオデッキ、モニターに最高画質で対応

構成

  • AVID Mojo SDI
  • SUNIX FWB 3414g PCIe Card
  • SYNC HD
  • オーディオ/ビデオ用HDDをそれぞれ分けて準備する事を推奨
  • 外部FW HDD使用の際は、AVID Mojo SDIを増設したFWバスに接続する事を推奨

QuickTime HDビデオのキャプチャ/レイバックを実現するPro Tools HD POST System

Final Cut Studioとの連携もスムーズなPro Tools HD POST System

ここがポイント!!多彩な入出力と、SDからHDまでの様々なコーデックに対応

  • Pro Tools HD2 Accelもしくは、拡張シャーシ・システム使用時にDeckLink Extreme 3Dにて、HDクオリティでのキャプチャ/レイバック、モニタリングを実現。コンパクトでいながら、業務の幅が広いポスト・プロダクション・スタジオに最適
  • ProRes 422(Final Cut Studioが必要)をはじめとした、様々なSD/HDコーデックに対応。
  • SD/HD-SDI、コンポーネント、コンポジット、S-Video、HDMIをはじめとした多彩な入出力で、柔軟な接続を実現。
  • Tri-Syncに対応。様々な現場での同期環境を容易に構築可能。(SYNC HDが必要)
  • 最小の投資で、HD Video環境を構築可能

構成

CMからCinemaまで、あらゆる編集を可能にするMedia Composer Mojo DX System

ProRes 422を含んだHDコーデックをリアルタイムで処理するVideo Edit System

ここがポイント!!SD/HD-SDI入出力に特化したコストパフォーマンス

  • 長尺の映画やドラマの編集作業を行う、ポスト・プロダクションのEdit Roomに最適。
  • 用途に応じて、MacintoshもしくはWindowsのシステムを選択可能(Video Satellite使用時にはWinシステムが必須)
  • DNxHDはもちろん、AVCHDを除く、ほぼ全てのSD/HDコーデックにリアルタイム処理にて対応。
  • コンパクトな筐体を持つMojo DXにより、SD/HD-SDIを持つ業務機器との柔軟な接続が可能。
  • Video Satelliteシステムによる、Pro Tools HDとのサンプル・アキュレートでの同期が可能。

構成

CMからCinemaまで、さらなる柔軟性をもたらすMedia Composer Nitris DX System

DNxHDハードウェア・エンコード/デコードが可能なVideo Edit System

ここがポイント!!Mojo DXにはないDSP処理と、多彩な入出力を装備

  • 長尺の映画やドラマの編集作業を行う、ポスト・プロダクションのオンライン編集室に最適。
  • 用途に応じて、MacintoshもしくはWindowsのシステムを選択可能(Video Satellite使用時にはWinシステムが必須)
  • DNxHDはもちろん、AVCHDを除く、ほぼ全てのSD/HDコーデックにリアルタイム処理にて対応。
  • 2U筐体を持つNitris DXにより、SD/HD-SDI、コンポーネント、コンポジット、S-Video等を持つ業務機器との柔軟な接続が可能。
  • Video Satelliteシステムによる、Pro Tools HDとのサンプル・アキュレートでの同期が可能。

構成

Media Composer Nitris/Mojo DXと、Pro Tools HDをサンプル・アキュレートで確実にロック

Ethernet接続による素早いロックアップと確実な同期をPro Tools HD + Media Composer Systemで実現

ここがポイント!!タイムラグなしで編集からMAへ!Pro Tools HDのフル機能を使用可能

  • Pro Tools HD PCIe Macシステムと、Media Composer Mojo DX Windows/Nitrs DX WindowsシステムをEthernet接続する事により、サンプル・アキュレートでの同期が可能。(SYNC HDが必要)
  • オンライン編集完了後に、レンダリングなしでMA作業にタイムラグなしでの移行を可能にするため、大規模ポスト・プロダクション・スタジオに最適。
  • AVID ISISやArdis DDP等の共有ストレージ・システムを使用する際の、ファイル管理が容易。
  • ビデオ・エンコード/デコードをMedia Composer側で行うため、Pro Tools HDのフル機能/トラックが使用可能。
  • Mojo/Nitris DXの高品位HD画像をモニタリングに使用可能。

構成

Pro Tools HDとMBox Micro + QuickTimeシステムを、サンプル・アキュレートで確実にロック

Video Satelliteの機能を、Pro Tools 9のみで高いコストパフォーマンスを

ここがポイント!!Video Satellite LE + Pro Tools 9にて確実なロックを実現

  • Pro Tools HD PCIe Macシステムと、Pro Tools 9 MacシステムをEthernet接続する事により、サンプル・アキュレートでの同期が可能。(SYNC HDが必要)
  • Final Cut Proプロジェクト等から書出したQuickTimeファイルを、Pro Tools 9にて再生させるため、高い費用対効果を期待する中規模のMAスタジオに最適。
  • Pro Tools 9 Macシステムに、blackmagic designをインストールしてのモニタリングが可能。
  • ビデオ・エンコード/デコードをPro Tools 9側で行うため、Pro Tools HDのフル機能/トラックが使用可能。
  • QuickTimeおよび、Final Cut Studioで再生可能なコーデックに全て対応

構成

ROCK ON PROが導入のお手伝いをさせていただきました

株式会社 丸二商会 MARUNI STUDIO 様

閑静な住宅街である目黒区青葉台に居を構え、国道246号線と山手通りに隣接し、多くのアーティストに愛されてきた株式会社丸二商会様が運営するマルニスタジオ。この度1996年の営業開始以来、数々の名作が生み出されたのMAルームで、2部屋同時の大幅な完全改修が行われました。4ヶ月の時間をかけ、内装、機材共に一新され、両部屋5.1chから7.1chまでのサラウンド作業が可能となりました。

Pro Tools 9 “Opennes”トップに戻る>>

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2011年01月10日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事