Home » セール/プロモ » Pro Tools HEROES !! Vol.3 番外編 Digigrid DLS + Avid HD I/O

Pro Tools HEROES !! Vol.3 番外編 Digigrid DLS + Avid HD I/O

2016年9月12日 掲載(記事本文・構成 : tomita)


【636-250】20160624_03_Productbaner_PTHEROES

ProToolsに追加されるExtra Power
1:CPUに負荷をかけず0.8msレイテンシーでWAVES Processing!
2:ネットワークで自在に連携、I/Oも拡張!
3:DLSを外しても瞬時にCPUベースの環境に切り替えが可能!

1:CPUに負荷をかけず0.8msレイテンシーでWAVES Processing!

Avid第三弾製品テキスト修正版 Image

Omniや8×8×8といったHD I/Oと併用することでネットワークプラグインサーバーとして機能することができるDigigrid DLS。WAVESが誇るプロセッシングPOWERをわずか0.8msのレイテンシーで追加することが可能です。2系統のDigiLink端子でPro Toolsシステムに64デジタル入出力を提供。もちろんDLIなどアナログI/O搭載機を追加することでさらなる入出力拡張も可能となります。さらにProToolsではないNative DAW環境であってもSGPモードに切り替えることでDSPプラグインサーバーとして使用することが可能です。付属のeMotionミキサーインサートにプラグインを入れて、ProToolsへの入力前にかけ取りを行うことも可能です。

2:ネットワークで自在に連携、I/Oも拡張!

239AE5B7-39D8-457C-8F18-891B6E047E45

HD I/OとDLSというベストセラーの組み合わせにDLIを追加することでアナログI/Oも拡張が可能。DLIは接続されたI/OとしてPro Toolsで認識されます。またネットワーク接続された別PCからDAWを通じてオーディオを取り込むことも可能です。

3:DLSを外しても瞬時にCPUベースの環境に切り替えが可能!

AEA52112-8A4F-4784-9603-6BC936EF6BF1

突然の外録時やモバイルシステムへの移行の際にもDigigridは柔軟に対応が可能です。CPU負荷とDSP負荷をStudioRack上で瞬時に切り替えることが可能なので、DLSを持って行くほどではない外録などの際に、DLSを外してもセッションが開かないことはありません。DSP負荷がかさんだセッションなどにおいても、負荷分散を任意でコントロールできるのは大きなメリットとなります。Studio Rackには8つのプラグインスロットがあり、プラグインの並び順を保存して、必要に応じてリコールすることも可能です。


20160912_avid_shin_i

【636-80】20160520_Form

記事本文・構成 : tomita

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2016年09月12日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事