このエントリーをはてなブックマークに追加

Avid Creative Summit OSAKA 2018〜最新の制作手法の全て、イマーシブサウンドからプロシージャル〜 ROCK ON PRO » Avid Creative Summit OSAKA 2018 〜最新の制作手法の全て、イマーシブサウンドからプロシージャル〜

Avid Creative Summit OSAKA 2018

〜最新の制作手法の全て、イマーシブサウンドからプロシージャル〜

◎AVID CRETIVE SUMMITが今年も大阪で開催!!

〜イマーシブサウンド、プロシージャル…最新の制作手法からNAMM最新情報まで〜

2017年に一気にその認知度が上がり、現在も加速度的に注目度の高まるVRを始めとするイマーシブオーディオ。3Dサラウンドの新しい形態として普及の進むDolby Atmos。様々な方面から、新しいオーディオフォーマットが現実感を持って市場に広まり始めています。

これから、どのようにそれらの表現方法を使いこなしてゆくのか、どの様な分野で使われ始めたのか、最新情報を交えながらそれらのご案内を行います。昨年完成した、Dolby Atmosシステムを備えたCAPCOM Dynamic Mixing Stageのご紹介を軸に、どの様な環境があれば制作が行えるのか、システムアップ/音響設計といった深い部分まで切り込んでご紹介を行います。

実制作のクリエイター目線では、新しい手法を必要とするDynamic Mixingとその中での心象音のあり方など、劇伴/ゲーム次世代のサウンドのあり方を講師の中條氏と共にお届けします。もちろん、制作のツールとして進化を続けるPro Toolsの最新情報、イベント直前に開催されるNAMM 2018からのフレッシュな情報なども交えてお伝えします。是非とも奮ってご参加ください!!

◎セミナーのご案内

【1st Session:定員50名】

START 14:00~

■2018 最新版 !! サウンド・デザイン最前線とPro Tools活用手法 !!

〜VR、ゲームで要求される最新のサウンドデザインとProToolsを使いこなす最新トレンド〜

講師:中條 謙自 氏(株式会社 ATTIC INC.)

ゲームオーディオを中心に様々な分野で活躍されるサウンドプロデューサー中條氏より、昨今の制作に求められる要素の変化をディープに掘り下げます。VR、ゲームで要求されるサウンドデザインとは一体どういったものなのか?音楽が2Mixの完パケではなくなった時にどの様なことが起こり、何が必要とされるのか?それらの要素をどう考え、どの様なアプローチを行っているのかを様々な角度よりお話いただきます。更に、それらのサウンド・デザインを効率的に行うための、Pro Toolsを使った手法など充実のノウハウを詰め込んでお伝えさせていただきます。

【2nd Session:定員50名】

START 15:10~

■最速 !! NAMM2018 Pro Tools 最新 TOPICS !! 

〜In The Box Mixingが実現する次世代コンソールのあり方〜

講師:内藤 大輔 氏(AVID)/ 前田 洋介(ROCK ON PRO)

Pro Tools 12.8でのDolby Atmos対応に始まり、12.8.2では更にHOA (High Order Ambisonics) への対応と、イマーシブReadyとなったPro Tools。NAMM 2018での最新情報とともに、その進化をご確認頂きます。もちろん、イマーシブサウンド制作を行わない方にも有益なアップデートも多数。どの様な新機能が搭載されてきているのか、その全てをご確認いただきます。

【3rd Session:定員50名】

START 16:10~

■Dolby Atmos 最新事情 @Osaka

〜CAPCOM Dynamic Mixing Stage に見る最新の制作環境〜

講師:中原 雅考 氏(株式会社ソナ)/ 中山 尚幸 氏(Dolby Japan 株式会社)/ 前田 洋介(ROCK ON PRO)

昨年オープンした、Dolby Atmos対応のCAPCOM Dynamic Mixing Stage。GAME会社ならではの使い勝手にこだわって作られたそのシステムは、シンプルながら考え抜かれた設計。コンパクトな空間に最大限に配置されたスピーカー群により、つながりの良い優れた音響環境を実現しています。機器の選定、音響設計、そして、マルチチャンネルに対応したシステムの設計と、次世代のフォーマットへ対応するためのノウハウ満載でお届けいたします。音響設計は施工を行われたSONAの中原氏より、システム設計はROCK ON PRO 前田 洋介、そして、Dolby Atmosの最新事情をDolby Japanの中山氏の講演によってお届けします。最新のAtmos事情を多角的に、隅から隅までお伝えいたします。

START 18:30~

■Meet the Future!! 懇親会

18:30からは懇親会を予定しています。充実のセミナーのあとは、その熱気のまま懇親会で大いに語り合えればと考えています。関西地区の皆様のつながりを深める場として是非ともご参加ください!!事前登録不要でご自由にご参加いただけます!

◎講師プロフィール

講師:中條 謙自 氏 - 株式会社ATTIC INC. (1st Session)

株式会社コーエーテクモゲームス出身。ゲーム制作におけるサウンドの総責任者=サウンドディレクターとして、『戦国無双』シリーズ、『討鬼伝』をはじめ、数々のヒットタイトルを歴任。これまで何度も修羅場を潜り抜けたことでサウンドデザイナー・レコーディングエンジニアとして一流のスキルを身につけ、音楽制作、効果音制作、音声制作、TVCFやプロモーション映像MAなどに多才ぶりを発揮。 特に日本を舞台にしたアクションゲーム制作経験は豊富であり、和の世界観表現、3D空間サウンドデザインについて多くのノウハウやアイデアを持ち併せている。また、業界に先駆けてサラウンド制作、フォーリー録音、インタラクティブ演出を採り入れるなど、新しい挑戦が大好きであり、その過程を楽しみながら確実に成果を出して行くポジティブ精神の持ち主。他、CEDEC、GDC、AESなど各種カンファレンスにおける登壇実績や、各媒体における取材実績なども多く持つ。


講師:中原 雅考 氏 - 株式会社ソナ(3rd Session)

株式会社ソナ 取締役。オンフューチャー株式会社 代表取締役

1995年、九州芸術工科大学大学院博士前期課程修了。同年、株式会社ソナに入社。以来、数多くのスタジオの音響設計に携わる。特にサラウンドスタジオに関しては、業界の第一人者として、多くの実績とともに信頼を得ている。2005年、九州芸術工科大学大学院博士後期課程を修了し、九州大学より博士(芸術工学)を授与。2006年、オンフューチャー株式会社を設立。 ソナでの音響設計業務に加え、音響測定ソフトウェアの開発や音響技術に関するR&D業務を行っている。2013年、室内音響技術、音響教育、AESへの貢献が評価され、AESジャパンアウォードを受賞。2002年より,AES日本支部 理事(2009-2010支部長)。その他、東京芸術大学 非常勤講師。音響芸術専門学校 非常勤講師。著書に「サラウンド入門」東京藝大出版会(共著)など。


講師:内藤 大輔 氏 - アビッドテクノロジー株式会社(2nd Session)

AVID Pro Tool ソフトウェア QA エンジニア


講師:中山 尚幸 氏 - Dolby Japan 株式会社(3rd Session)

Pro製品営業部 コンテンツ技術担当 シニア・テクニカル・マネージャ


講師:前田 洋介 - ROCK ON PRO(2nd/3rd Session)

ROCK ON PRO Product Specialist

レコーディングエンジニア、PAエンジニアの現場経験を活かしプロダクトスペシャリストとして様々な商品のデモンストレーションを行っている。映画音楽などの現場経験から、映像と音声を繋ぐワークフロー運用改善、現場で培った音の感性、実体験に基づく商品説明、技術解説、システム構築を行っている。


◎募集要項

日時

2018年1月31日(水) 13:30開場・14:00スタート


会場

クロスウェーブ梅田 大研修室

〒530-0026 大阪府大阪市北区神山町1−12

クロスウェーブ梅田HPはこちらから>>


定員: 各回50名様(先着お申し込み順)

◎1st Session 14:00~ 50名

◎2nd Session 15:10~ 50名

◎3nd Session 16:10~ 50名

参加費用:無料

ご注意事項

※複数セッションへのお申し込みも可能です、お申し込みフォームにて参加ご希望のセッションをご選択下さい。

※定員を超えた時点でのご応募の場合は立ち見でのご案内となる場合がございます。

※当日ご参加者様向けの駐車場のご用意はございません、公共交通機関でのご来場もしくは周辺のコインパーキングをご利用下さい。

主催:(株)メディア・インテグレーション ROCK ON PRO事業部

お問い合わせ先:ROCK ON PRO Umeda 06-6131-3078