Home » ニュース » VIdeo Slave 3.3 !! 無償アップデートリリース!!

VIdeo Slave 3.3 !! 無償アップデートリリース!!

2017年7月4日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介)


【636*250】20170704_VideoSlave3-3

Video Slave3の無償アップデートがリリースとなりました!! オーディオファイルのエクスポートなど日本のユーザーからも数多く要望のあったポイントが実装されています、これでPro Tools単体では対処できなかったファイルにも作業への道筋が見えてくるのではないでしょうか。まずはNon-Lethal Appricationsからのリリースノートを和訳しましたのでご確認ください。アップデートはVideo Slaveメニューから直接「Check for updates」機能を使用するか、Video Slave本国ホームページの右上にある赤い「Download」ボタンを押してファイルをダウンロードいただけます。

◎VideoSlave3.3 リリースノート

VS3_3_newsletter

Non-Lethal AppricationsはVideo Slave 3.3をリリースしました。このVideo Slave 3.3には、いくつかの新機能とバグの修正が含まれています。この新しいバージョンは、すべてのVideoSlaveユーザーに対して推奨されるアップデートであり、無料で提供されます。Video Slaveメニューから直接「Check for updates」機能を使用するか、Video Slave本国ホームページから直接ダウンロードしてください。(※注:ページ右上の赤い「Download」ボタンを押すとファイルがダウンロードされます。)


・パートナープロダクトとのインテグレート

これから、Non-Lethal Applicationsは他のメーカーと協力し、Video Slave 3に他メーカーのプロダクトの機能を統合する予定です。Video Slave 3のプラットフォームに参加する最初のプロダクトは、The Cargo CultのSpanner 3、サラウンドパンナーソフトウェアです。今後の開発では、Video Slave 3にSpanner 3のパン状態を視覚的に表示出来るようにします。たとえば、ある人がシーンを横切って歩いている場合、Video Slaveの出力する画面内にこれをオーバーレイとして表示することで、俳優にパンニングが合っているかを示します。これは、映像作品のミキシングにおいて、より正確なパンオートメーションを提供します。


・Pro Toolsセッション情報をテキストとしてインポート
Video Slave 3.3のリリースで、Pro Toolsセッション内のリージョン・グループからキュー情報をインポートできるようになりました。トラックとリージョンの命名規則について詳しくは、ナレッジベースを参照してください。


・VideoSlave 3.3の新機能

•WAV形式またはM4A形式の動画からオーディオのみの書き出しをサポート
•クリップの書き出し時にステレオミックスダウン機能を追加
•The Cargo CultのSpanner 3のサポートを追加しました。ナレッジベースの設定手順をご覧ください
•Pro Toolsセッション情報テキストファイル機能のインポートを追加。ビデオスレーブは、文字/文字プレフィックス/俳優/テキストを抽出することができます。使用される表記の詳細については、当社のナレッジベースを参照してください。
•MIDIを介してFlutterイベントをトリガーできるようになりました。
•ビデオスレーブからムービーを書き出すとき、オーディオトラックの音量設定が適切に反映されるようになりました
•ビデオスレーブは、接続されているすべてのBlackmagic / AJAデバイスを表示し、最初のものを表示するのではなく、使用するものを選択できるようになりました


・バグの修正

•OpenGL関連のクラッシュを修正
•CSVエクスポートの修正
•コマ落ちに対する修正を含むダビング時のパフォーマンスの向上
•プレイリスト設定ウィンドウでキャラクタ名の編集範囲を改善し、キャラクタ名が重複しないようにしました
•リスト内の最後のものがVideo Slave 3でドロップダウンメニューに選択された文字を表示しないバグを修正
•イベントリストまたはDAW設定ウィンドウでキューのActorを選択する際の関係が間違っているバグを修正しました
•クリップの開始時に開始しないオーディオトラックを書き出すときのノイズを引き起こすバグを修正
•二重改行でCSVをインポートするときのバグを修正
•ムービーの書き出し時にクラッシュするバグを修正しました。
•Video Slave 3でのループ再生の改善

VS_Spanner_PosterImage


国内でも数多くの導入が続いているVideoSlave、DAW内部のVideo Trackだけでは実現できなかった様々な機能を実装しこれまでMAの制作現場が抱えていた課題を解決する製品です。詳細の解説は下記リンクよりご確認ください!!

>>>VideoSlaveの詳細はこちらから
【636*400】20170112_VS3

記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2017年07月04日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事