Home » レビュー » 音楽の喜びを分かち合うためのノウハウを提案!! Rock oN REAL SOUND Project始動!!

音楽の喜びを分かち合うためのノウハウを提案!! Rock oN REAL SOUND Project始動!!

2016年5月11日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


20160510_pro_ロゴ_リアルサウンドプロジェクト

【636*40】20160510_Tabtitle_RSP
【106*40】20160510_Tab01_RSP

【106*40】20160510_Tab03_RSP

【106*40】20160510_Tab02_RSP

【106*40】20160510_Tab04_RSP

userstory

【106*40】20160510_Tab05_RSP


Rock oN REAL SOUND Projectのミッションは、サウンドと音楽の本質であるリアルなサウンド環境の構築を、プロフェッショナル視点で目指すことです。私たちは、最終的に生み出されるサウンドがなめらかに感情との共感をもたらすものでなくてはならないと考えます。テクノロジーの進化だけをやみくもに優先するのではなく、リアルサウンドと音楽のリアル体験を追求する事が私たちのミッションです。

◎音楽は一度きりのもの!?

LastDate

「When you hear music, after it’s over, it’s gone in the air. You can never capture it again. – 音楽は、終わってしまえば宙に消え去り、二度と取り戻すことはできない。」夭逝した天才マルチリード奏者エリック・ドルフィーの最後の録音に収録された、彼自身による言葉です。しかし、すべてのアーティストがその感動をより多くのひとびとと分かち合うことを望んでいるでしょう。音楽が生まれる瞬間に立ち会うという体験を記録することの重要性と、優れた録音は常に凡庸な生演奏よりもはるかにリアリティを持っていることを私たちは知っています。

◎レコードが伝えてきたもの

Blue Note Recordsの創始者であり、プロデューサーだったアルフレッド・ライオンがエンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダーとともに作り上げた伝説的な「ブルーノート・サウンド」は、執拗なまでにプロセスされた音でした。「リアル」ということばを文字通りに取れば、彼の作り上げたサウンドは現実からかけ離れた、リアルと呼ぶには程遠いものでした。にもかかわらず、その音は同時代のどのレーベルよりも、はるかに生々しくジャズの熱気を再現することに成功していたのです。ドイツ移民のライオンが、アメリカで初めてモダンジャズに接したときの衝撃…彼が残したかったのは、単なる音ではなく、アルフレッド・ライオンという個人の身に起きた体験そのものだったのだと思います。当時の録音技術の限界の中でそれをリスナーに届けるために、あれほどの加工を施していたのではないでしょうか。

軽量_Records

軽量_TapeRecorder

1966年以降のビートルズの作品に至っては、レコーディング技術を駆使した、ライブでの再現が不可能なものばかりでした。スティービー・ワンダーや山下達郎はオーバーダブを利用して複数のパートを自分で演奏したりもしていました。こうして制作された音楽は、確かに現実には存在しないサウンドです。しかし、それこそが彼らの頭の中で鳴っていた音楽、彼らがリスナーに伝えたいと願ったサウンドなのです。だからこそ、実在するかしないかとは無関係に、私たちの心を揺さぶるリアルサウンドなのです。

Beatles

◎Got to be REAL !!

Rock oN REAL SOUND Projectはリアルなノウハウと実際の機材を含めて、様々な面からREAL SOUNDを追求します。機材単体のスペック主義に陥ることなく、何よりもリアルな音楽の体験を追求する事。歴史的名機から最先端のテクノロジーまで、その性能をフルに発揮するためのソリューションや、活躍中のプロフェッショナルへのインタビューなども交えながら、音楽制作の現場をリスナーとつなげるための、最高のツールとノウハウをご紹介いたします!

Landscape

【106*40】20160510_Tab01_RSP

【106*40】20160510_Tab03_RSP

【106*40】20160510_Tab02_RSP

【106*40】20160510_Tab04_RSP

userstory

【106*40】20160510_Tab05_RSP
【636*40】20160510_Tabtitle_RSP

【636*80】20160510_TEL_RSP

【636*80】20160513_form_gray_RSP

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2016年05月11日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事