Home » セール » EXTENSION TO THE WORLD !! ProTools|Dock × Pro Tools12.5 で未来を切り開け!!

EXTENSION TO THE WORLD !! ProTools|Dock × Pro Tools12.5 で未来を切り開け!!

2016年4月22日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


【636*500】20160421_03_Total_Pickup

今回の特集はEXTENSION TO THE WOLRD、Pro Tools12.5、Cloud Collaborationで活気付くAvid製品でステージは世界へ拡張されます。Vol.1はPro Toolsラインナップのフラッグシップとなる「HDX」、CPUベースで稼働しThunderbolt接続でmacとの親和性も抜群な「HDNative」を期間限定、1セット限りでの特別価格でご提案。今なら18回まで0%金利クレジット、もしくはWポイントを選べるという絶好の機会です。 またリリースが待ち遠しいPro Tools|Dockはご予約受付中、オーバービューと実際の操作感をまとめたムービーも見れば見るほど新しいワークフローへの想像が膨らみます!!

◎INDEX
>>EXTENSION VOL.1:HDX/HDNative Special Offer!!
>>EXTENSION VOL.2:Pro Tools|Dockでワークフローが変わる!!
>>EXTENSION VOL.3:Pro Tools12.5が世界を繋ぐ!!

◎EXTENSION VOL.1:HDX/HDNative Special Offer!!

【636*250】20160421_01_Pickup

◉4/28(木)までの期間限定!!
◉それぞれ1set限り!! B級特価品をご提供!!
◉いまならさらに!! 0%金利クレジット or Wポイントを選択可能!!

Ver12.5の登場でまた新たなフェーズに突入したPro Tools。そのPro Tools のパワーを最大限に発揮するPro Tools HDバンドルをB級(開封未使用品)特価でご提供するROCK ON PRO の期間限定スペシャルオファーです。今回はHDX / HDNativeのそれぞれを1set限り、さらに今なら「Wポイント」or「 0%金利クレジット」をご選択可能と、これ以上に無いタイミング!! お急ぎください!!

【636*400】20160421_PTHDX_Pickup

HDX 8x8x8 System, includes Annual Upgrade and Support Plan
通常価格:1,479,600円税込み(本体価格:1,370,000円)
スペシャルプライス:1,298,000円(本体価格:1,201,851円)181,600円のValue!
さらに今なら!! Wポイント38940P還元 or 0%金利手数料 ¥83,721→¥0 / 月々¥72,100~


【636*400】20160421_PTHDN_Pickup

PT HD Native TB + HD OMNI System, inc Up & Support
通常価格:672,840円税込み(本体価格:623,000円)
スペシャルプライス:589,000円(本体価格:545,370円)83,840円のValue!
さらに今なら!! Wポイント17670P還元 or 0%金利手数料 ¥37,990→¥0 / 月々¥32,700~

20164_0%&WP_click

【636-88】20160404_TEL


◎EXTENSION VOL.2:Pro Tools|Dockでワークフローが変わる!!

【636*250】20160421_02_Pickup
【636*60】20160421_Dockreserve_Pickup

Avid注目の新プロダクトであるProTools | Dock。トランスポートはもちろんのこと、フェーダーと8つのノブ、ジョグホール、そしてiPadを駆使することによりPro Tools を今まで以上にフィジカルにより感覚的に使用できるようになります。16chフェーダーのS3、8chフェーダーのArtist Mixと組合せて拡張することで、Dockをいわばマスターセクションとしたコンソールライクな環境を構築できます。まずはムービーでそのオーバービューと実際の操作感をご確認ください!!

=Pro Tools|Dock + ArtistMix=
省スペースを実現した理想的なProToolsコンソールシステムを構築!!

【636*200】20160422_Dock_Artistmix

例えば、ですがArtistMix単体ではコントロールしたいトラックを呼び出すために「本体を操作して、めくって探す」ということが必要でした。これは感覚的にも全くもって当たり前の話ですが、Dockでのトラックアクセス方法は一味違います。下のムービーキャプチャーを見ての通り、ProTools | Dockでの”Tracksウィンドウ”を開けば、トラックがiPad全体に表示、任意のトラックにタッチするだけとなりアクセスも一瞬の出来事。自分がコントロールしたいフェーダーの場所に行くのではなく「フェーダーを手元に呼び寄せる」感覚です。言われてみればの部分ですが、これまで当たり前としてきた操作に対する感覚が刷新されていると言えるのではないでしょうか。

スクリーンショット 2016-04-22 13.40.35

逆に、ArtistMixが持つ有利なポイントは当然ですが8本のフェーダーを扱えるということ。Pro Tools|Dockに備わるフェーダーは1本ですので、ArtistMixは見事にそのウィークポイントを補完してくれる関係になる訳です。お互いのメリットを掛け合わせることできることはユーザーにとっても理想的な環境。もちろん16フェーダーのS3との組み合わせは筐体サイズも揃えられ、大規模セッションへの対応へも幅が広がります。


product_62130
Pro Tools | Dock ¥160,920(本体価格:¥149,000)
※iPadは別売となります。
(iPad Air,Air 2,Mini3&Mini4をサポート、iPad Pro対応予定)
※ご予約特典:RockoN限定 KB COVERS ProTools(JIS)プレゼント!!

【636*60】20160421_Dockreserve_Pickup

Artistmix_eStore
Artist Mix ¥150,984(本体価格:¥138,000)
>>eStoreでチェックする!!


【636-88】20160404_TEL


◎EXTENSION VOL.3:Pro Tools12.5が世界を繋ぐ!!

【636*250】20160421_03_Pickup

“Cloud Collaboration”の搭載により世界中のミュージッシャンやクリエイターと作業を共にすることが可能になりました。まだ実装されたばかりですが、業界標準DAWであるProToolsにとって、音楽の作り方を変えてしまうかもしれないとても重要な進化であると感じます。制作ワークフロー自体に拡がりを与えることはもちろん、これまでにない人とアイデアとの結びつきが新たなシーンを築いていく時代の幕開けです。ここではver.12.5の詳細解説、購入・アップグレードの方法、また購入後に行われるアクティベーション方法の3点に分けて、ユーザーがいま取るべき最適な解答を導きます。胎動を始めたPro Tools Cloud Collaborationがどの様な成長を遂げていくのか!! そのスタートラインへ向かう3つのトビラを開けてください!!

【200*200】20160331_Part1_Index_PTCloud

【200*200】20160331_Part2_Index_PTCloud

【200*200】20160331_Part3_Index_PTCloud


【636*250】20160406_PT12.5shop


いよいよスタートしたクラウド・コラボレーション。先日お伝えしたように、日本語のホームページも用意されver.12.5は国内でも浸透が始まっている様子。もちろん、HDでの環境で活用することも大きくワークフロー進化させます。Pro Tools FirstからHDまで幅広いユーザー層を一本の線で繋ぐ、これもクラウドが成し得る未来ではないでしょうか。制作だけではなくレッスン、講義といった教育の現場でも活用できるアイデアが生まれそうです。そして、Pro Tools|Dockも期待のソリューション。単体での機能ももちろんパワフルですが、LAN、特にWiFiを経由させる接続を活用すれば機材配置の自由度は格段に上がります。より集中した制作を行える環境を実現する。従来の製品にない可能性を感じます。ますます進化と展開を見せるAvid製品群、ご自身の環境とのマッチング、導入の方法など不明な点があれば是非ご相談ください、ROCK ON PROがサポートいたします!!

【636-88】20160404_TEL

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2016年04月22日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事