Home » レビュー » Antelope Audio〜make a strategic move〜Vol.2〜マスタリンググレードAD/DAステレオコ...

Antelope Audio〜make a strategic move〜Vol.2〜マスタリンググレードAD/DAステレオコンバーター「Pure2」店頭展示開始!! 徹底解剖レポート!!

2015年5月14日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


Pure2

Antelopeから満を持してリリースされた、マスタリンググレードAD/DAステレオコンバーター「Pure2」。皆様のご期待・ご要望にお応えするべくRock oNにて展示開始されました!! 24bit 192kHzのAD/DAとマスタークロックの役割を1Uのコンパクトな筐体で実現、よりシンプルにコストダウンも図れる「Pure2」をレポートします。


tel


ハイエンドな要求に厳選された入出力端子。抜群の性能とCPに期待が膨らむ

Antelope社の誇るフラッグシップA/D & D/Aコンバータ「Eclipse 384」の技術エッセンスを引継ぎ、ハイエンドなA/Dコンバーターと64-bit DSPトリニティレベルクロックを搭載した「Pure2」。ハイエンドな要求を満たす豊富な入出力は制作システムの中でサウンドクオリティを確保する扇の要とも言える存在です。抜群に突き抜けたクオリティでアナログでサミングした高品位なマスターを制作するなどその使用感にも期待で胸が膨らみます。まずはその概要から見ていきましょう。


01

前面は非常にシンプルで見た目にも明快なインターフェイス。192KHzまで対応可能なサンプリングレートに加え、モニタリング用のリレーベースのアナログボリューム。3パターンまですぐにアクセス可能なプリセット管理ボタンとヘッドホン端子となります。

02

背面にはXLRタイプ型のアナログインプットと2系統のアナログアウト(XLR/TRS)を装備。8系統のWCアウトによってスタジオ内のデジタル機器をAntelopeの第4世代64ビットAFCジッタ―処理とオーブンコントロール水晶発振器により安定させることができます。デジタル入出力はS/PIDIF,TOSLINK,AESと様々なフォーマットに対応できるよう搭載。もちろんAntelopeルビジウムクロック「10M」に対応したAtomic clock入力端子も備え、1Uというコンパクトなサイズでマスタリンググレードのシステムを構築することができます。例えばAntelopeの他機材と組み合わせて下図の様なシステム構築も。

03


AD変換の肝であるADチップは理想とされるスペックをもつTIのPCM4222を搭載。AD/DA共に音質にこだわり抜いた抜け目ない設計

5

AD変換の肝であるADチップ。Burr-Brown(TI)A/DコンバーターPCM4222。アナログインプットバッファの設計により、オーバーロードを丁寧に処理し、確かなアナログサウンドと滑らかなクリッピングを実現するとのこと。また、D/AコンバージョンはデュアルDAC構造で左右チャンネルで個別のDACチップを使用する贅沢な仕様。S/N比を向上させ、ステレオイメージを向上させる効果に期待できます。

マスタークロックはIsochrone TrinityとOrion32に使われているのと全く同じ物が仕様され、右記画像ではモジュール化されていますが、64ビットAFCジッタ―処理とオーブンコントロール水晶発振器によってデジタルなのにアナログライクなニュアンスを付加した、Antelope独自のクロック設計となっています。もともと正確なクロックをモジュレーションによって変化させる仕様となっており、音楽用途においては正確なジッター数値を求めるだけではなく、更なるニュアンスが必要と考えた独創的な設計です。

07

Pure2のインストールは非常に簡単でした。Antelope社のサイトからアプリケーションをダウンロードして実行するだけです。その後自動的にファームウェアがアップグレードの通知をしてくれます。精力的に頻繁にファームやアプリケーションがアップグレードされるので、起動の際はまずアップグレードをチェックすることをおすすめします。インストール時にちょっとした不具合かなと思った動作が、翌日に解消されていたのはたまたまですが衝撃的でした。操作は非常にシンプルでアプリケーション上のアサインしたいツマミに対し、入出力ソースを選択するだけ。メーターに関しても監視したいソースを選択するだけで、特別にマニュアルを読み込まなくても直感的に操作できるデザインは極限まで考えぬき無駄を排除した結果といえるのではないでしょうか?

Antelope社:サポートページはこちら>>


最後に肝心の音質チェック

肝心の音質は個人的な印象ではきらびやかながら、どこと無くチューブ回路を通ったようなハーモニー感、厚みが感じられました。ZenやOrion32に比べ、ボトム感と定位が更に明瞭となり、有機的ともいえるサウンドが目の前に広がります。原音をありのままに伝えるコンセプトの他社のオーディオインターフェイスとはまた価値観の違う、音楽的ななり方をしているような印象を受けます。この部分はもちろん個人個人の価値観や目的とするサウンドで評価は変わってきます、是非Rock oN店頭にてその実力を一聴してください!!


ただいま公開中の試聴プロモーション「HEAR THE REAL TONE」でもPure2の24bit/96kHzデータを配信中!!

08


マスタリンググレードのシステムをお求めやすい価格で。
Antelope Audio Pure2 ¥273,500(税込)

e_store_bt

ハイエンドなコンパクトモバイルスタジオシステムZen Studio
Zen Studio Portable Audio Interface Red ¥278,000(税込)

e_store_bt


tel

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2015年05月14日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事