Home » サポート, ニュース » Avid Pro Tools 12 Debut ! 新機能や新しくなった入手方法を分かりやすく解説!

Avid Pro Tools 12 Debut ! 新機能や新しくなった入手方法を分かりやすく解説!

2015年3月24日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介)


150324_pro_avid_636_250
待望のPro Tools 12が遂にデビュー。単純な機能の追加ではなく、制作環境自体の変革を促す野心的なバージョンアップ。次世代のワークフローを実現するこのバージョンアップは見逃せません!!

購入方法、ライセンス形態、全てにおいて一新される次世代型のPro Tools ソフトウェア。入手方法も多岐にわたりますが、先ずは現時点で追加される新機能を確認してみましょう。

Pro Tools 12 新機能

アプリ内購入マーケットプレイスの利用

Pro Toolsを終了/再起動することなくPro Tools内から直接プラグインを検索/ブラウズそして購入/レンタルすることが可能となります。パーマネントライセンスの購入はもちろん、期間限定のライセンスも手軽に購入可能です。購入したライセンスは再起動無しにアクティベートされる為ストレスフリーのコラボレーション作業を現実のものとします。
CABDE490-1996-4766-8430-7BF9AD0C85A2

I/Oセットアップ機能の改良

    • ・プレイバック・エンジン・ベースI/O設定やモニター出力アサインの変更を伴うセッション交換の煩わしさが改善されました。
    • ・様々なシステムでセッションを開いても、不要なバス表示が自動で回避可能となりました。
    • ・バス数が無制限となりオーディオ・ルーティングの自由度が増しました。
    • ・メインモニターパスの形式に従って、自動的にダウンミックスが可能になりました。
    • ・任意のセッションからI/O設定を直接インポート可能となりました。
    • ・セッションで以前に使用されていた入出力を現在の状態と簡単に比較できるようになり、IO設定の管理がより容易になりました。
    • ・さらに幾つかの改良を追加*

85706B33-E026-421E-BBB9-12003CC5803F

セッション・メタ・データとしてクレジット情報を付加可能

曲名、作曲者名、共作者名その他の詳細制作情報をリッチ・メタ・データとしてセッションに入力/タグ可能となり、プロジェクト管理や著作権管理が容易/便利になりました。

E0928A01-0EB0-4973-AC38-6F7562B1E543

Application Managerによるバージョン管理

ソフトウエアやプラグインのアップデイトを管理し、webサイト等に行く必要なくダウンロードする事が可能となります。


What’s New in Pro Tools 12 ?

業界標準DAWがより幅広い選択肢で入手可能に!

  • ・サブスクリプション

    Pro Toolsを必要な時(月間または年間)に必要最低限のコストで使用可能となります。サブスクリプション期間中は、Avidアップ<>グレード・プランが利用可能となる為、常にPro Tools最新機能が利用可能となり、カスタマー・ケア・チームによるサポート対応も行われます。(ご注意:Pro Tools | HD ソフトウエアには、サブスクリプション版はありません)

  • ・Pro Tools ソフトウエア永続ライセンス

    1年間アップグレードプラン付きのPro Toolsソフトウエア製品または最新バージョンへのアップグレード/クロスグレードを購入することで、Pro Toolsの最新機能を使用できる1年間のAvidアップグレード・プランが利用可能となります。

  • ・Pro Tools システム永続ライセンス

    Pro Tools | HD Native, Pro Tools | HDX, Pro Tools | Duet, Pro Tools | Quarte,Pro Tools | Eleven Rack, Pro Tools | Mbox Pro 等のAvidオーディオ・ハードウエアにバンドルされているPro Toolsソフトウエアは永続ライセンスにて提供されますが、Pro Tools | Duet 及びQuartetを除き、1年間の無償アップグレードプランが付属していません。別途1年間のアップグレードプランを購入することで、以降の最新機能を利用することが可能となります。

サブスクリプションライセンスは3/26発売開始!!価格は¥35,000(税抜)となります。登録から1年間の使用権を入手することが可能です。この期間中はサポートプランなど他の費用は発生しません。使用権が切れた際には再び購入して頂く必要があります。

永続ライセンスは”Pro Tools with 12 Months Upgrades and Support (Activation Card and iLok)”¥105,000(税抜)となります。1年間のアップグレード・サポートプランが付属します。2年目以降もサポートプランを継続的にご購入いただくことで常に最新のバージョンとサポートが提供されます。

※2015年1月22日以降にPro Tools ライセンスをご登録のお客様はPro Tools 12が無償で提供されます。

※既存のPro Toolsユーザーは「Pro Tools with Annual Upgrade and Support Plan」¥21,900(税抜)をご購入いただくことでPro Tools 12のライセンスを入手可能です。

※既存のPro Tools HDユーザーは「Pro Tools | HD Software ExpertPlus Support Renewal」をご購入でPro Tools HD 12のライセンスを入手可能です。

※サブスクリプションライセンスには Pro Tools 12のライセンスのみが付属します。Ver.11以前のライセンスは提供されませんのでご注意下さい。

※永続ライセンスにはPro Tools 10/11/12のライセンスが付属します。Pro Tools 10/11のライセンスが必要な方は永続ライセンスを選択する必要があります。

* Avidは、Pro Tools 12からソフトウエアへの新機能追加や機能拡張の方法を変更しています。これまでの、独立したアップグレードの提供方法に代わり、Avidアップグレードプランを通し、逐次リリースが提供される形となります。これにより、サブスクリプション購入者やアップグレードプラン付き永続ライセンス・オーナーは、次の大規模なソフトウエア・リリースを待つことなく、都度、最新のツール、改良、そして新機能の数々を入手/利用可能となります。

ProTools 12日本語情報

Pro Tools 12: 柔軟なライセンス形態、Avidクラウド・コラボレーション、マーケットプレイスの新しいサービスを発表

Pro Toolsとは?

記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2015年03月24日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事