Home » サポート » Pro Tools 11.1.2リリース

Pro Tools 11.1.2リリース

2014年1月22日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介)


Pro Toolsの最新のバグフィックスバージョン11.1.2がリリースされました。すでにVer.11.1.xをお使いの方は、バグフィックスがなされていますのでインストールされることをオススメいたします。Ver.11.0.xをお使いの方は、Ver.11.1で多くの変更がなされていますので、こちらを事前にご確認の上、アップデートされることをおすすめいたします。
詳細は、こちらのAVIDページを御覧ください。

<注意>
Video Satelliteの機能の一つであるSatellite Linkを利用して複数のPro Toolsを同期されている方はご注意が必要です。今回のPro Tools 11.1は、過去のバージョン(Ver.11.0.x含む)とのSatellite Linkが出来ません。こちらご留意下さい。
Video Satelliteの詳細はこちらをご確認下さい>>>(英語)


インストール

・Pro Tools 11.1.2はフルインストーラーです。
・Mac上にPro Tools 11.0-11.1.1がインストールされている場合、11.1.2へアップデートされる場合には「Replace(置き換える)」オプションを選択されることをお勧めします。
・Pro Tools のインストール後にまず、お使いのOSに対応したインターフェース用最新ドライバー(HD Driverを含む)を再インストールして下さい。
・Pro Tools 11.1.1とPro Tools HD 11.1.1のインストーラーは同一となります。インストーラーに違いはありませんが、iLokでのオーソライズ時にソフトウェアを識別します。
・インストール方法の詳細は Pro Tools 11 インストールガイド(各国語版) のP65~日本語ページをご参照ください。
・Pro ToolsのアイコンはMac OS XのDockに自動で登録されません。Macintosh HD>アプリケーション内のPro Toolsアプリケーション本体のアイコンを、マニュアルでDockにドラッグ&ドロップして追加してください。

共存インストール

・Pro Tools 11.1とMedia Composerの混在した場合、Media ComposerをVideo Satelliteとしてご利用いただけません。(詳細を見る
・Pro Tools 11とPro Tools 10.3.6以降を混在インストールする場合で、Pro Tools 10.3.xのみで使用可能なHD Accel/TDMハードウェアをお使いの場合、HD 11ドライバーは決してアップデートしないで下さい。

既知の不具合 最新情報

・Pro Tools 11.1.x Satellite LinkおよびVideo Satellite 互換性(詳細を見る
・Mac OS X 10.9 Mavericks上ではPro Tools 11.1.xとPro Tools 10.xの共存はサポートされません。(詳細を見る
・Mac OS X 10.9 Mavericks上でPro Tools 11.1.xとMedia Composer 6.5.4.1または7.0.3以降との共存インストールがサポートされました。

記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2014年01月22日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事