Home » ニュース » 速報:AVID S3L登場〜Pro Tools HDX meet VENUE〜

速報:AVID S3L登場〜Pro Tools HDX meet VENUE〜

2013年5月29日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介)



Pro Tools HDXとVENUE、そして旧EuphonixのEuconテクノロジーの融合を果たした全く新しいプロダクトがAVIDから登場。速報として、そのハイライトをお届けする。価格は、S3,E3,stage16の3ケをバンドルした最小構成で$17,995とリリースされている。国内価格は、180~200万といったところだろう。

・HDXによるプロセッシングパワー、32bit浮動小数点演算によるサウンドクオリティーの一新
・スタジオのサウンドに革命をもたらしたAAX-DSPプラグインによる処理
・AVB connectionにより最大64chまでの拡張が可能。接続は、Ethernetとなりバルクケーブルから解放される。
・Pro Toolsへのダイレクト録音もAVB経由で。I/O不要でEthernet portのあるラップトップのみでの録音が可能。
・S3 コントロールサーフェスでEuCon経由でのDAWリモートコントロールが可能に、Pro ToolsだけではなくEuCon対応のDAWであれば操作可能(Comming Soon)
・従来のVENUEのShow Fileとの互換性も。USBメモリでセッティングのやり取りが可能。
・コアエンジン”E3 engine”はVENUEソフトウェアが動きます、しかもHDXプロセッサー上で!!
・Stage 16 Remote BoxとのAVB接続は、最長100mまで。Ethercon Connecterの採用で堅牢性を確保。

◎システムコンポーネンツ

“S3 console”

AVBでエンジンと接続されるコンソールユニット、将来的にはEuCon接続でPro Toolsを始めとするDAWのコントローラとしても動作する模様。

“E3 engine”

アプリケーションはVENUE OS、プロセッサーエンジンはHDXというAVIDの持つパワーを全て注ぎ込んだ新型のエンジン。AVB接続でのDAWへのレコーディングも可能。

“Stage 16 remote I/O”

ANALOG 16IN / 8OUT、AES/EBU 4IN / 4OUTを持つStage Box。もちろんAnalog INにはMic Preも搭載。Engineとの接続は、AVBとなる。最大延長は100m伸ばせ、可用性を高めることであろう。

詳細情報はAVID本国サイトへ>>>

記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2013年05月29日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事