Home » 特別レポート » Jünger Audio Level Magicアルゴリズムの全て

Jünger Audio Level Magicアルゴリズムの全て

2012年5月18日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介)


Jünger Audio Level Magicアルゴリズムの全て

ドイツのハイエンドアウトボードメーカーJünger AudioからAll-in-oneのラウドネスプロセッサーT*APが発売。ラウドネスに対応した先進のLevel Magicアルゴリズムに世界中の注目が集まっています。先日Rock oNにJünger Audio Managiment Director/Sales&Marketing Peter Pörs氏ご来店の際に収録した、Jünger のテクノロジーコアとなるLevel Magicによる音量補正の解説と、Loudness Level ControllerのフラッグシップであるT*APのご紹介を動画でご案内。

T*AP

他社の製品にもOEMでの搭載が進むLevel Magic。今後、ラウドネス自動補正のスタンダードを担う技術になることでしょう。
※Marging MXfix等、他社の製品へのLoudness Auto Levelingの技術として採用が進んでいます。
Jünger Audioの誇るコア技術Level Magicと最新のアルゴリズム”Spectral Signature”それらをMOVIEで徹底解説しています。是非とも御覧ください!!


Level Magic:

通常のダイナミクス処理とは違いあくまでも超感情の違和感なく自然にスムーズにダイナミクスをコントロールする。徹底的なこだわりから生み出されたJünger渾身のアルゴリズム。特徴的なパラレルダイナミクス処理によりまさにMagicのようなスムースなダイナミクス処理が行われます。


Spectral Signature:

ターゲットとする周波数特性を設定すると自動的にDynEQが動作するSpectral Signature。元々が、音楽向けのオーディオプロセッサーを開発していたJünger社のプロダクト。ヨーロッパのクラシック録音の現場で培ったサウンドに対する高い技術力がここでも光ります。


Lebel Magic徹底解説MOVIE(暫定版・英語のみ)


T*AP徹底解説MOVIE(暫定版・英語のみ)〜Spectral Signature解説〜

上記インタビュー動画、日本語訳テキスト(pdfダウンロード)

T*APの紹介ページはこちら>>>
Jünger Audioのメーカーサイトはこちら>>>
Jünger Audio本国サイトはこちら>>>
Jünger Audioの音楽向けDynamics Processer D02はこちらをCheck>>>

記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2012年05月18日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事