Home » サポート » AVID Media Composer 6.0.1.1リリース

AVID Media Composer 6.0.1.1リリース

2012年4月27日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介)


AVIDの映像編集アプリケーションの最新パッチがリリースされました。多くの不具合修正が行われております。ご使用中の方は是非ともご確認下さい。Video SatelliteでMedia Composerをお使いの方にも強く推奨できる内容となっています。

編集アプリケーションv6.0.1.1/v10.0.1.1リリース

2つの変更項目と96個の修正項目が含まれた新しいパッチをリリースしました。

今回リリースされたバージョン

●Media Composer 6.0.1.1 (Mac/PC)
●Symphony 6.0.1.1 (Mac/PC)
●NewsCutter 10.0.1.1 (PCのみ)
●Helper Applications v28.0.1.1 (EDL Manager, FilmScribe, Log Exchange, MediaLog)
(Win版は個別にパッチがあります。Mac版は編集アプリのインストーラに含まれます。)

これらのパッチインストーラはダウンロードセンターよりご利用頂けます。

変更点:Mac OS X 10.7.3を認証しました。Proxyのクリップカラーに対応しました。

主な修正項目:
●バグ番号: UDevC00167567 オーディオミキサーツールのオーディオトラック切り替えにタブキーが使用できませんでした。
●バグ番号: UDevC00168014 US 以外のキーボードは正しいキャラクターにマップされていませんでした。US 以外のキーボードでも正しくマップするようになりました。
●バグ番号: UDevC00167812 プロジェクトを閉じたり保存した時に、ユーザー設定は自動的に保存されませんでした。
●バグ番号: UDevC00166064 AVCHD MTS ファイルのインポートをするとインポートされたメディアは 3-4 フレーム少なく取り込まれました。
●バグ番号: UDevC00165003 (Nitris DX) シークエンスを再生する時、編集アプリケーションは再生の最初に引っかかりを感じるようなレスポンスの悪さがありました。
●バグ番号: UDevC00168130 ISIS 共有ストレージ環境の時に別のプロジェクトからタイトルを開くと “FILE_OTHER” エラーが発生したかもしれません。
●バグ番号: UDevC00168201 日本語のツール機能は正しく表示されていませんでした。
●バグ番号: UDevC00168433 Bin を開くや Bin を作成するときに掛かる時間を改善しました。

パッチインストールの注意事項:
●Win: v6.0.1.1パッチはv6.0.1のみに適用できます。v6.0.0のユーザーはまずv6.0.1をインストールしてください。その後に必要なパッチをインストールします。
●Mac: Mac版ではパッチではなくフルインストーラで提供されます。v6.0.0/v6.0.1のユーザーはまず使用中のバージョンをアンインストールしてからv6.0.1.1をインストールします。

すべての修正項目はKnowledge BaseにあるReadMeをご参照ください。

記事本文・構成 : ROCK ON PRO 前田洋介

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2012年04月27日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事