Home » プロモーション » AMS NEVE 1073LB登場!モジュールの充実で、今こそVPR Alliance !! ディスカウン...

AMS NEVE 1073LB登場!モジュールの充実で、今こそVPR Alliance !! ディスカウント・セール!

2011年8月3日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


さらにAPI LunchBoxを大特価にて放出!

API Lunch Box互換のモジュールを自由に組み込んで、あなただけのアウトボードを組み上げるVPR ALLIANCEが盛り上がりを見せています!
本家本元のAMS NEVEからリリースされた1073LBシリーズをはじめ、Millennia HV-35、Vintech Audio 573などの魅力的なモジュールの発表がそれをさらに支えます!
コンソールのようにマイクプリ/コンプ/EQを組み合わせるも、全てマイクプリにしてカスタムするも自由な 発想で、自在な構築が可能です!
このVPR Allianceシステムを構築するのに必須となるパワーサプライ・ユニット、API LunchBoxを含んだ自由な組み合せが可能なAPI LunchBox Bundleをご購入頂くと、購入総額に応じたディスカウントを得られます!
様々なモジュールは試したいけど、電源買うのはちょっと・・・と言う方!今がチャンスです!期間限定9/15まで!今すぐ、ご相談下さい!


VPRモジュール+ API LunchBoxご購入総額で、以下のディスカウント!

example

  • API LunchBox Bundle総額¥100,000以上で、¥5,000 OFF!
  • API LunchBox Bundle総額¥200,000以上で、¥15,000 OFF!
  • API LunchBox Bundle総額¥300,000以上で、¥30,000 OFF!
  • API LunchBox Bundle総額¥400,000以上で、¥40,000 OFF!

まさに本物のNEVE1073が登場!

1960年頃、今やPro Audio業界の重鎮とも言える、Rupert Neve氏の工房からスタートしたNeveと、rmx-16やdmx-15といったデジタル・エフェクトを生産していたAMSが、1992年に合併したことによってAMS NEVEは誕生しました。

その後は、アナログ&デジタルの技術をフルに活用した、革新的でいながら伝統を大切にした製品作りを行い、デジタル・コンソールのCapricornや、現在でも世界中で愛されているマイクプリ/EQモジュールである、1073や1081のオリジナル・モジュールを次々とリリース。その名を確固たる物としているのは、ご承知の通りでしょう。

そのAMS NEVEが新たにリリースしたのが、API互換のVPR Alliance対応1073LBシリーズです。

1073LB Mono Mic Preamp Module

オリジナルの1073モジュールから、マイクプリアンプ部分を抜き出してAPI互換とした1073LB Mono Mic Preamp Moduleは、オリジナルと同様のアーキテクチャーで設計され、吟味されたパーツを使うことにより、まさに本物の1073サウンドを実現しています。

Neveデザインによる、ハンドワイヤリング・トランスファーマーはもとより、ファインチューニングの可能なトリム・スイッチ、インピーダンス切替えスイッチ、オーディオ・シグナルの監視用LED、コンボジャックを備え、より現代のニーズに合致するようなチューニングも施されています。

数あるマイクプリアンプの中でも、これでしか実現出来ないサウンドを持つのはもちろん、LunchBoxの全てのスロットにインストールすれば、オリジナル1073よりもさらにコンパクトで自由な構成をチョイス出来、ドコにでも持ち歩くことの出来るあなただけのアウトボードラックを作ることが出来るのです。

  • クラスAトランスファーマー・マイクプリアンプ
  • NEVEデザイン・ハンドワイヤー・トランスファーマー
  • +48Vファンタム連動の+5/-10dBレベル・コントロール
  • フェイズ/インピーダンス切替えスイッチ
  • マイクインプットゲイン:-80dB〜-20dB、5dBステップ
  • 歪み率:>0.07% from 50Hz to 10kHz at +20dBu output
  • 周波数特性:±0.5dB 20Hz to 20kHz, -3dB at 40kHz
  • Input/Outpu トランスファーマー
  • Made in England

1073LB Mono Mic Preamp Module ¥244,000

1073LBEQ Mono EQ Module

現在でも愛され続けているNEVE 1073のサウンドは、実は独特のカーヴとシルキーなサウンドを持つEQに秘密があるのかもしれません。

もちろん、1272と言われるマイクプリのサウンドも魅惑的ですが、あのEQサウンドを求めるエンジニアが後を絶たないのもまた事実なのです。

AMS NEVEはVPR Allianceに参加するにあたって、1073をMicPre/EQで別のモジュールとしてリリースしましたが、スペースファクターのみならず、EQサウンドだけをキャプチャー出来る様に考えられたのでしょう。

1073LB Mic Preamp Moduleと同様、現代的にファイン・チューニングの行われた1073LBEQは、オリジナル1073同様の設計が施されている他、最適化されたコンポーネント、オーディオ・シグナル監視用のLEDを搭載しました。

3Bandという、現代では少ないといえるパラメーターを持つ1073LBEQですが、絶妙に干渉するEQポイントの設定とともに、音楽的なイコライジングを可能とし、プラグインでは実現出来ないエッセンスをあなたのサウンドに付加することが可能となるでしょう。

  • 伝統的な3Band Parametric EQデザイン
  • オリジナル1073同様のロータリー・コントロール
  • -25dBでグリーン、+24dBでレッドになるLED
  • LED連動のEQ In/Outスイッチ
  • モジュール単体でのバランス入出力
  • 1073LB Mono Mic Preamp Moduleと連動してのAudio Processing Insert design採用(同一ランチボックス内にインストールの場合)
  • 電源や他のモジュールからの干渉を防ぐMu-Metal筐体採用

1073LBEQ Mono EQ Module ¥312,000


VPRにマイクプリの真打ち登場!Millennia HV-35

世界中のレコーディング・スタジオや、著名なコンサート・ホールでのレコーディングに、ファースト・チョイスとして使われる珠玉のマイクプリMillennia HV-3Cが、API互換のモジュールのHV-35となって遂に登場!

その場の空気を余す事なく捉える、HVシリーズの特性はそのままに、様々なチョイスで柔軟なレコーディング・ツールを持ち運ぶことの出来る、VPR Allianceのアドバンテージを享受可能です。

オリジナルのHV-3Cでは装備されていないHi-Z対応のDIインプットや、オプション扱いのリボンマイク・インプット、なんとフェイズ・スイッチまで搭載して、様々な使い方が想定出来るVPR Allianceに合致する様な柔軟性を身につけたと言えるでしょう。

これだけでも個人的には「買い」なのですが、DIインプットの切替えに採用された、見慣れぬブルーのスイッチが非常にチャーミングに見えますね!

  • インストゥルメント・インプット
  • +10dB リボンマイク(DC couoled)インプットスイッチ
  • 80Hz ロールオフフィルター
  • 48Vファンタム電源供給スイッチ
  • 15dB Padスイッチ
  • 位相反転スイッチ
  • 最少ゲイン : 8.5 dB
  • 最大ゲイン : 60 dB  (70dB リボンモード)
  • 周波数特性 : 3 Hz 〜 300 kHz +0 / -3 dB
  • ノイズ : -133 dB EIN / 60 dB Gain, 10 Hz – 30 kHz, Inputs common
THD + N  : < .001%, Typ. < .0005%
  • 最大入力レベル : +20 dBu (no attenuator pads required)  20 Hz – 40 kHz
  • 最大出力レベル : +28 dBu (20 Hz – 40 kHz)
  • ファンタムインプット インピーダンス : 6,750 ohms (1 kHz)
  • アウトプットインピーダンス: 24.3 Ohms (x2)
  • ファンタムパワー: +48 V dc, +/- 2 V dc

Millennia HV-35 ¥84,000


オールドNEVEの再来がVPRに登場!Vintech Audio 573

オールドNEVE 1073を忠実に再現したmodel 273/473、X73などで高い評価を得ているVintech Audioから、API互換のVPR Allianceモジュール573がリリース!

プリアンプはNEVE1073回路を正確に再現したクラスA、オールディスクリート、トランスフォーマー・バランスの構成となっており、追加されたハイ・インピーダンスD.I入力も入力トランスフォーマーに送られ、しっかりとNEVEならではの重厚でシルキーなカラレーションを表現します。

ICや表面実装のコンポーネンツは一切使用せず完全なハンドメイドで組み立てられるメイドインU.S.A。オリジナルのNEVE 1073と同等の3つのディスクリート・クラスAアンプを内包します。

  • GAIN – 5dBのステップ式ゲインを採用しています。20-70dB間でのコントロールです。
  • PHATOM – 48Vファントム電源をON/OFFします
  • IMPEDANCE – 入力インピーダンスを300オーム/1.2kオームで切替可能です
  • PHASE – 位相反転スイッチです
  • MIC/LINE – 入力感度をライン/マイクで切替いたします。
  • OUTPUT – PHASEスイッチの下のノブはアウトプット・ボリュームです。
  • D.I – 楽器を接続できるハイインピーダンス入力です。

Vintech Audio 573 ¥92,400


1176をモジュールで活用!Purple Audio Action

紫の2Uパネルでお馴染みのPurple Audioから、待ちに待った1176の再来とも言える、ActionがAPI互換モジュールとしてVPR Allianceの仲間入りを果たしました!

ActionはMC77の回路をVPR互換サイズに凝縮し、全段ディスクリート・モジュールアンプを使用したコンプレッサー・モジュールです。

入力トランスから定インピーダンスの入力アッテネータ、ゲインリダクション用のFET、出力トランスまでMC77と同様の回路・素子を使用しています。

また、コンプレッション・レシオは4:1/8:1/12:1/20:1の他に、おなじみの’全押し’ポジションが用意されています。ヴィンテージ・コンプ の場合、全押しは回路にダメージを与える恐れがありますが、Actionでは同様のサウンドを安全に得ることができます。

実は、オリジナルの1176に負けずにファンの多いMC77とともに、ヴォーカルのコンプレスに強力なモジュールの登場です。

  • トータルゲイン: 45dBu
  • コンプレッションレシオ: 4:1, 8:1, 12:1, 20:1, ∞:1(全押し)
  • アタックタイム: 20ms~800ms
  • リリースタイム: 50ms~1.1sec
  • 入力インピーダンス: 600Ω
  • 出力インピーダンス: 600Ω

Purple Audio Action ¥99,800

その他の注目VPR互換モジュール

636

001

API 512c
API伝統の2520オペアンプを採用したマイクプリアンプ。1970年代のアメリカンロックをサポートして来たあのサウンドを再現。

API 550A
オリジナル・コンソールで使用された3 Band EQを忠実に再現した550Aは、まさにAPIの歴史を物語っています。

API 550b
550Aをリファインして4 Band EQとしたのが550bです。現代のニーズにマッチしながらも伝統のサウンドを実現。

636

002API 525
APIのサウンドを決定づけた550と並んで人気の高いダイナミクス525は、ある意味で最もアメリカンロックを象徴しています。

GRACE design M501
GRACE designが放つ最新のマイクプリ・モジュールM501は、定評あるm101のVPR Allianceバージョンと言えます!

buzzaudio elixir
VPR Allianceの策定によって、一躍その名を知られる様になったbuzzaudioのマイクプリアンプ。Class Aトランスレス。

636

003A-design P-1
様々なマイクに合わせたプリアンプをリリースするA-design P-1は、カスタム入出力トランスを備えた、”Quad Eight”ソリッドステートマイクプリ。

Little Devil Compressor
Germanium CompとNEVE2254のコンセプトを融合した、Chandler Limited渾身のダイナミクス・プロセッサー。

Little Devil Equalizer
NEVE1081/33115の伝統のサウンドを継承した、Chandler LimitedのEQプロセッサー

juggernaut

ATLAS PRO AUDIO Juggernaut
入力インピーダンス切替え可能な1chマイクプリアンプ。3種類のプリセットから好みのサウンドをセレクト可能。

A-Designs EM-PEQ
伝説のPultec EQP-1AのエッセンスをVPRモジュールに凝縮。ニッケル製のコアを持つトランスの採用により、当時のサウンドを再現します。

636

636

VPR互換モジュール用シャーシラインナップ

lunchboxAPI Lunch Box
VPRモジュールを6台まで収納可能な、電源付きスロット。取っ手のついたお馴染みのスタイルで、どこにでも持ち運び可能なスタンダード・モデル。636

api500vAPI 500V
3UラックマウントにVPRモジュールを10台まで収納可能な、電源付きスロット。大規模なシステムを構築したい場合に便利なモデル。

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2011年08月03日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事