Home » プロモーション » Pro Tools HD Native登場!CPUネイティブ環境でHD I/O HD Omniを使いこなす、コスト...

Pro Tools HD Native登場!CPUネイティブ環境でHD I/O HD Omniを使いこなす、コストパフォーマンスに優れたシステム!

2010年10月6日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


hdnative

新しいHD I/Oファミリーに搭載された、DigiLink Miniコネクターから、何かが起こりそうな予感がしていましたが、Avidより衝撃的なシステムが登場しました!
Pro Tools 24の時代に、888 I/OをCPU Nativeで動作させる、Project IIというシステムがありましたが、今回登場の、ProTools HD Nativeは、当時とは比べ物にならないCPUのパワーを最大限生かし、HDシステムと遜色のないパフォーマンスと、同じI/Oを使用する事によるクオリティの確保を、驚きの低価格で実現しているのです!

話題のHD OMNIを使い、ミュージシャンやアレンジャー、プロジェクト・スタジオでのサラウンド・ミックスに対応する、コンパクトなシステム構成を実現する他、最大64chの入出力を、1枚のPCIeカードにて行う柔軟性は、HD I/Oと組み合わせた、レコーディング・ファシリティにも最適な選択となるでしょう!

FPGAを、その心臓部としたHDNativeのコア・カードは、低レイテンシーをも実現しているそうで、その実力に期待が掛かります。Pro Tools SoftwareのみならずCore AudioやASIOにも対応し一般的なネイティブユーザーの利便性も格段にアップ。もちろん、ICONやVideo Satelliteにも対応します!フレーム・エッジの正確な同期もこのクラスならではの機能です。
11月中旬、発売開始予定!今すぐ、お問い合せ下さい!

先行ご予約、デモのご依頼、ROCK ON PROアップグレード依頼、各種お問い合せは、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)メールにてもお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、田端、豊桝までお気軽にどうぞ

New-Pro-Tools-HD

Pro Tools HD Native PCIeコア・システムの特徴

hdnative2

Pro Tools HD Nativeコア・システムは、Pro Tools HD Software 8.5および、ProToolsHDNative PCIeカードで構成されます。

Pro Tools HD Native PCIeカードの特徴

2基搭載された、DigiLink Mini端子

  • 最大4台までの、HDインターフェイスを接続し、64chまでの入出力をサポート

低レイテンシー・モニタリング・モード搭載

  • DSPチップの替わりに、FPGAチップにて実現

新しくなった、ユニバーサル・オーディオ・ドライバー

  • Pro Tools Softwareだけでなく、Core Audio、ASIOに対応したアプリケーションで、使用可能

シリアル・ポート搭載

  • Sync HDに対応し、フレーム・エッジの同期環境を実現

Pro Tools HD 8.5 Softwareの特徴

対応OS

  • Mac OS 10.6
  • Windows 7

Pro Tools HD機能セット対応

  • 192オーディオ・トラック、128バス
  • ハード/ソフトウェア・インサートの自動遅延補正
  • VCAミキシング
  • ソロ・バス AFL/PFL
  • インプット・モニタリング
  • ディストラクティブ/トラック・パンチ
  • マシン・コントロール
  • ICONサポート
  • TDMプラグイン、HEATは非サポート

対応オーディオ・インターフェイス

  • HD OMNI
  • HD I/O
  • HD MADI
  • Sync HD
  • 192 I/O
  • 192 Digital I/O
  • 96 I/O
  • 96i I/O

特徴的な低レイテンシー・モニタリング

「オープン」環境を誇るPro Tools HD Nativeですが、Pro Tools HD Softwareと同時に使用することで、ハードとソフトの完全な融合により、最高のパファーマンスで最大バリューを実現しています!

・ 最高のネイティブ・パフォーマンス
・ 専用のオーディオ・エンジンを使用してAvidハードウェアに直接アクセス
・ 革新的な低レイテンシー
・ カーネル・レベルを超えてハードウェア上に直接低レイテンシー・モニター(LLM)パスをセットアップ可能
・ パワフルな統合型低レイテンシー・ミキサー
・ 低レイテンシー・ミキサー・アプリケーションの追加不要を=低レイテンシー・ミキサーはPro Tools 上からコントロール

低レイテンシー・モニター(LLM)パスに送られるすべての入力は、ハードウェアから直接モニターされます

llm

Avid Pro Tools HD NATIVEのご購入はこちらコア・システム、インターフェイスを含んだバンドルも用意される、このニューカマー!現時点では11月中旬の発売予定となっていますが、先行予約、お問い合せの受付は開始させていただきます!
お気軽にどうぞ!

Pro Tools HD Native Core System ¥367,500

Pro Tools HD Native + HD OMNI ¥630,000

Pro Tools HD Native + HD I/O 8x8x8 ¥735,000

Pro Tools HD Native + HD I/O 16×16 ¥840,000

New-Pro-Tools-HD

banner1

banner3

banner2

banner5

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2010年10月06日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事