Home » プロモーション » 最新のビデオ編集環境をもたらすAvid Media Composerへの、乗換え/UPGキャンペ...

最新のビデオ編集環境をもたらすAvid Media Composerへの、乗換え/UPGキャンペーン開始!

2009年5月28日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


avid.jpg

最高品位のビデオ編集環境をもたらす、最新のAvid Media Composerをリーズナブルに手に入れるチャンスです!
ハリウッドの長編映画をはじめとしたフィルム編集から、HD/SD/DVまで、世界中で使用されているAvidのMedia Composerは、Mac/Windows環境でパワフルな結果を実現する統合ビデオ編集システムです。
最大50% OFFのディスカウントを得られるこの機会に、あなたもAvidの世界に足を踏み入れてみてはいかがですか?

お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)メールにてもお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、洋介までお気軽にどうぞ。

reply.gif

なぜ世界中でAvid Media Composerが選ばれるのか?

mc_1.jpg皆さんもハリウッド映画のエンドロールでAvidのロゴを目にされた事があると思いますが、長らくリニア編集が続いて来た映像編集の世界では、その名前を聞いた事があっても、エディターの方以外は触れる機会があまりなかったかもしれません。
近年では、Apple Final Cut ProやAdobe Premiereの高機能化と低価格化で、押され気味の感があったAvidですが、長編映画やブロードキャストの世界で鍛えられて来た機能やクオリティは、プロフェッショナルの要望に見事に応える内容を誇っています。
タイムラインやビューア、ブラウザ等のインターフェイスは、ちょっと見た目にはFinal Cut Proと変わらない様に見えるかもしれません。(実際はAvidの真似をしているような・・・)しかし、編集の基本となる考え方が大きく異なっているのは、少しでも触ってみれば分かるでしょう!
Final Cutでは、クリップの移動や分割をはじめ、自在な編集が可能になっています。もちろんMedia Composerもそれは可能です。しかし、基本的にMedia Composerは並べたクリップの移動をするのに、わざと制限を持たせているのです。具体的には、クリップのない部分には黒み(ブラック)が挿入され、タイムラインの最初から最後まで隙がない様になっているのです。nitris.jpg
これは、Media Composerが長編映画等の編集用途で開発されている事を意味します。自在に編集が可能な反面、わずかなマウス操作でクリップがずれてしまう「事故」を防ぐためのものであり、カスタマイズ可能な(カスタマイズする必要もなく快適ですが)ショートカット・キーの割当ても相まって、慣れてしまえば、スピーディで確実な編集環境をもたらせます。
key.jpg また、Avidの独自HDコーデックDNxHDの存在も、確実でクオリティの高い作業の基本となる存在です。近年では、同等のバンド幅を持つApple ProRes 422と比較される事もありますが、非圧縮画像との位相反転テストにおいて、ProResがわずかに映像の輪郭が残ったのに対し、DNxHDでは完全に「黒」になったと言う結果が出ています。
特殊効果や合成等が多用される現在では、レンダリングによる画質劣化を最小限に抑えるためには、元画像の高品質化が欠かせませんが、ここでもMedia Composerの優位性が確認出来ます。(もちろん、レンダリング自体のクオリティも優位性を保っています)
さらに、One Solution One Companyの名の下に、Avidの誇るMojo DX/Nitris DXビデオ・インターフェイスの存在、非圧縮にも対応するUnityストレージ・オプション、digidesign Pro Tools HDとの連携等、取り込み~編集~合成~MA~フィニッシングにいたるまで、考えうるワークフローをAvidのみで完結する事が可能です。
QuickTimeの読み込み/書き出しにも対応し、幅広い互換性とともに、今や完全にMac/Windowsでの動作も問題なく行えるMedia Composerは、プラットフォーム/コーデック/フォーマットの壁を超え、フィルム/ビデオ・クリップ作成を含めた、統合的なクリエイターに欠かせない、プロフェッショナル・ツールとして存在しているのです。

Avid Media Composer Software乗換えキャンペーン!期間限定¥155,400!

mc.jpg

6/25迄の期間限定!通常価格¥312,900のAvid Media Composerが、50%以上OFFとなる¥155,400であなたの物となります!

現在、他社製の編集ソフトを使用している方(Apple Final Cut Pro/Studio、Adobe Premiere等のユーザーの方)を対象としたこのプログラムは、お使いのソフトウェアはそのままに、追加でMedia Composerのパワフルな編集機能を、安価に追加出来ます。

長編フィルム編集を念頭に置いた使い勝手と、エフェクト/DVDオーサリングまでの統合ソリューションとしての優位性を味わって下さい!

Buy_Now.gif

Avid Media Composer特徴

  • 業界標準のMedia Composer 編集ツールセット
  • HD、SD、DV、フィルム編集
  • エンドトゥエンドのXDCAMサポート
  • Avid Media Access(AMA)により、XDCAM HD/EXおよびP2のメタデータとディスク/カードをフルネイティブでサポート
  • 豊富なエフェクトツール
  • Avidフィニッシングシステムとの互換(トータルコンフォーム)
  • Mac/Windowsサポート
  • Web & モバイル・エンコード
  • DVDオーサリング(Windowsのみ)
  • Avid Mojo/Mojo SDI、Mojo DX、Nitris DX等のハードウェア・オプション

Avid Media Composerについて詳しくはこちら>>

Avid Media Composer Mojo DXアップグレード・キャンペーン!期間限定¥732,900!

mc_mojo.jpg

6/17迄の期間限定!最新のビデオ・キャプチャー・ハードウェア・オプションMojo DXを追加したMedia Composer Mojo DXシステムが、30%以上OFFとなる¥732,900でアップグレード可能!
現在、Mojo/Mojo SDIとAvid Xpress Pro等を併用したシステムを使用している方を対象としたこのプログラムは、お使いのシステムはそのままに、追加でMedia Composer Mojo DXのパワフルな編集機能と豊富なHD/SD入出力を、安価に追加出来ます。
最新のDXアーキテクチャーを使用した、快適な作業環境を実現して下さい!

お見積もり、ご相談は、下記お問い合わせフォーム、または お電話(03-3477-1776)/FAX(03-3744-1255)メールにてもお待ちしております。営業担当:岡田、梓澤、洋介までお気軽にどうぞ。

reply.gif

Avid Media Composer Mojo DX特徴

  • 業界標準のMedia Composer編集ツールセット
  • HD、SD、DV 、フィルム編集
  • エンドトゥエンドのXDCAMサポート
  • Avid Media Access(AMA)により、XDCAM HD/EXおよびP2のメタデータとディスク/カードをフルネイティブでサポート
  • リアルタイムのマルチフォーマット再生およびエフェクト
  • Mac/Windowsサポート
  • インテリジェントなハードウェア/ソフトウェアの組合せによるソリューション
  • スタンダードなデジタル入出力Media Composer Mojo DX

Avid Media Composer Mojo DXについて詳しくはこちら>>

back

store

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2009年05月28日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事