Home » 納入事例/取材 » 事例:京都造形芸術大学様 サラウンド対応MAルームをICONシステムで構築

事例:京都造形芸術大学様 サラウンド対応MAルームをICONシステムで構築

2007年11月7日 掲載(記事本文・構成 : ROCK ON PRO)


kyoto.jpg

京都銀閣寺そばに位置する京都造形芸術大学。CGアニメーションを推進するキャラクターデザイン学科様では、新たにICONを中心に据えたサラウンド対応のMAルームを新設。CGアニメーションのナレーション録りからサラウンドミックスまで、広範囲な活動の中枢として活用されています。

kyoto4.jpg

kyoto2.jpgメインのICONシステムは16 Fader仕様のD-ControlにAppleベースのPro Tools|HD3で、映像はAvid Mojo SDIでサポートされる。また、サラウンド系からレストレーション系まで、充実したプラグイン環境を準備している。

レッドを基調とするモダンな内装は芸術系大学ならではのデザインで、スタジオ右手にアナウンス・コントローラー装備のアナウンス・ブース、天井にはサラウンド・モニタ用として円形のバトンを設置し、5.1以上のチャンネルにも対応できるようにアレンジしている。

また、MIDI/Audioの編集用としてApple Mac ProのCPUネイティブ・システムも別室に用意している。

MAルーム主要機材kyoto1.jpg

  • D-Control 16 Fader
  • Pro Tools|HD3 Accel PCIe
  • 192 I/O x2 (D/A Expansion) 16in/32out
  • Surround Panner
  • Sync I/O
  • PRE
  • AVID Mojo SDI
  • WAVES Diamond TDM Bundle
  • WAVES Surround Bundle
  • Sonnox Oxford 6 Pack
  • Audioease Altiverb XL
  • T.C. Unwrap TDM
  • KRK V8-II
  • Genelec 8020A x5
  • Genelec 7050B

目的感と指向性を明確したこのスタジオでは、明日を目指すクリエイター達への先進の講座が展開される。

京都造形芸術大学

〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
2-116 Uryuzan,Kitasirakawa,Sakyo-ku,Kyoto-Shi,Kyoto-Fu,Japan
606-8271

Phone:075-791-9122(81-75-791-9122)
HP:http://www.kyoto-art.ac.jp/art/character/

kyoto5.jpg

記事本文・構成 : ROCK ON PRO

※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2007年11月07日 記事更新時点のものです。

お見積もり・ご相談は、お問い合わせフォーム、お電話 (03-3477-1776)、FAX (03-3477-1757) にてお待ちしております。

営業担当:岡田・君塚・森本・廣井・佐々木・清水、デモ:洋介までお気軽にどうぞ。

*本記事の内容は、特に断りのない場合掲載時点での情報を元に書かれています。


関連する記事